明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#5 私たちにできることとは?

明治大学 経営学部 教授 塚本 一郎

私たちの生き方や暮らし方が企業に影響を与える

前回述べた、企業の非財務価値の「見える化」には、私もたずさわっています。方法としては、社会価値ような非財務価値の貨幣価値換算が最もわかりやすいと考えています。

例えば、SROI(Social Return On Investment、社会的投資利益率)を応用して、CSRの取り組みを投資収益率として数字化することです。

実は、日本ではCSV戦略の考え方には批判が多いのですが、SROIのような形でCSRを可視化することができれば、CSV戦略に対しても新たな捉え方が出てくるのではないかと思っています。

また、ESG投資も、日本は世界に比べると、まだ規模が小さいのですが、SROIによる社会価値の見える化・数値化により、投資家の関心がより高まると考えています。

大切なのは、こうした取り組みが世界のサステイナビリティに繋がることだということです。CSRは単なる流行でも、広報宣伝のためのツールでもありません。

ESG投資も同じです。CSRは流行だからというような短期的な利益や視点で投資を考えるのではなく、長期的な視点で企業活動を捉えることが重要なのです。

企業の非財務価値の「見える化」づくりは、そのために必要な課題だと考えています。

また、企業や投資家だけでなく、一般の消費者や生活者も、社会の一員として、企業のステークホルダーの一員として、サステイナビリティの意識をもつことが必要な時代だと思います。

その意味では、エシカル消費(倫理的な消費)が広まっていくのは歓迎すべきことですが、一方で、例えば、レジ袋の有料化に対して不満をもつ人も多いと言います。消費者のそうした意識が、小売店にレジ袋サービスを続けさせる要因にもなりかねません。

利便性を多少損なっても、環境のサステイナビリティを考えてマイバッグを持ち歩くことは、世界では常識になってきています。日本でも、消費者と小売店などが一体となって取り組むことが重要なのです。

一部の人たちの間では、SDGsは、もう理解されていますが、まだ広く普及していない状況です。2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された、国際社会全体の持続可能な開発目標ですが、実は、小学生世代は、学校で教えてもらうことで、関心が高いのです。

こうした世代が学び育っていくことは、とても頼もしいことです。社会人の方々も、SDGsやサステイナビリティについて、自ら調べたり、学んでみてはいかがでしょうか。

社会に対する企業の影響力はとても大きいのですが、その企業に影響を与えられるのは、私たちの生き方や暮らし方でもあるのです。

#1 企業の社会的責任とは?
#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?
#3 CSRは企業の収益に繋がる?
#4 見せかけのCSRとは?
#5 私たちにできることとは?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

#1 免疫力を上げればウイルスに負けない?

2020.12.1

#1 免疫力を上げればウイルスに負けない?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 鈴井 正敏
頭を一度クリアにし、アイデアの創出を促そう

2020.11.26

頭を一度クリアにし、アイデアの創出を促そう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小野 弓絵
#5 日本の企業は時代遅れになる?

2020.11.24

#5 日本の企業は時代遅れになる?

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 長野 史麻
#4 サステナビリティ経営は政治に左右される?

2020.11.20

#4 サステナビリティ経営は政治に左右される?

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 長野 史麻
国内外の新聞や雑誌の見出しを読んで世界を知ろう

2020.11.19

国内外の新聞や雑誌の見出しを読んで世界を知ろう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 小林 尚朗

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.11

アメリカ・ファーストでは、国際経済の新たな秩序づくりはできない

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2020.10.28

アフリカ独特のユルさが、アフリカらしい発展の鍵となる

人気記事ランキング

1

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

5

2020.03.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム