明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

創造力を働かせ、地理学的視点から読み解こう

中澤 高志 中澤 高志 明治大学 経営学部 教授

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【34】

吉野源三郎『君たちはどう生きるか』(岩波文庫・1982年)

近年、漫画化されてベストセラーとなり、一大ブームを巻き起こした『君たちはどう生きるか』。

昭和初期を舞台に、コペル君という15歳の少年が、叔父さんの助言に導かれながら、日常生活で直面するさまざまな出来事を通じて成長していく物語です。

全体に流れる大きなテーマとして、“倫理的な生き方をしよう”というものはありますが、実は地理的な記述も多く見られます。

たとえば、山の手に住んでいるコペル君が、房州(現在の千葉県南部)に避暑に行くところでは、電車に乗って錦糸町の辺りを通ると工場群が現れ、自分の住む街とは違った風景があり、違った暮らしがあることがわかります。

さらに電車が田園地方に向かうと清々しい風景が広がりますが、その田んぼも避暑に行けない百姓たちが骨を折って作ったものであることに気づくのです。こうしたことが本書のなかにはたくさん含まれています。

また、コペル君が粉ミルクの缶を見て、自分たちの生活が世界と繋がっていることを理解する部分も印象的です。

オーストラリアでつくられた粉ミルクが日本に来るまでには、牛の世話をする人、乳を搾る人、工場に運ぶ人、工場で粉ミルクにする人、缶に詰める人がいて、それが日本に届いた後も、荷物を船から降ろす人、倉庫に運ぶ人、倉庫の番人、小売の薬局など、いろいろな人が携わっています。

このことを経済学で言うと「生産関係」が世界中に広がっているということなのです。資本主義の世の中は物と物との関係にありますが、物の背後には多くの人がいて、私たちの生活を支えてくれています。

そのネットワークがグローバルに広がっているということを、創造力を働かせて読み解いてください。少年の成長物語であると同時に社会科学入門書でもあるのです。

本書は1937年に出版された原作に、政治学者・丸山真男氏による「回想」を加えて文庫化されました。丸山氏の解説はこの視点をより深めてくれるものになっていますので、ぜひ岩波文庫版で読まれることをおすすめします。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

2021.4.1

「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

2021.3.25

大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
#4 えん罪ってなぜ起こるの?

2021.3.19

#4 えん罪ってなぜ起こるの?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦
「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

2021.3.18

「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 飯嶋 曜子

新着記事

2021.04.14

先住民族が滅びる民というなら、先に滅びるのはきっと私たち

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えて…

リレーコラム