明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

私が考える「次世代リーダーに必要な力」【6】

明治大学 経営学部 准教授 菊地 端夫

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

抽象論と具体論の行き来の中からひらめきを導け

一言で言うと、具体的なことを抽象的に、抽象的なことを具体的に考える能力です。いわゆる具体論と抽象論の間を行き来できるような、目の前にある事象から、その裏の背景である抽象的な因果関係を発見、あるいは、見抜く力を指します。

なぜ、そうした能力が必要なのか。今後も発達が続くコンピュータやAI(人工知能)は、具体的なことから抽象的な法則性を見出すことが、おそらく人よりも得意であろうと思うからです。逆に、抽象的なことを具体的に考える能力、そしてそこからのひらめきが人に求められるのではないかと思います。その能力が高い人が、必然的にリーダーになっていくのではないでしょうか。

では、どうすればこのような能力を高められるのか。実は、大学で学んでいることは、まさに具体論と抽象論の間を行き来する思考回路を身につけることです。ところが社会に出ると、具体的な事象である仕事に追いまくられ、往々にして目の前にあることしか考えられなくなります。そんなときは、大学での学びを思い出してみてください。学生のときは腑に落ちなかった意味合いが、自分の中で「そういうことか」とストンと落ちるかもしれません。現実を知ってこそ、その裏に働く力、何が現実を動かしているのかを見抜く本当の力を養うことができると思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#3 地方は、よそ者に排他的なんでしょう?

2019.1.22

#3 地方は、よそ者に排他的なんでしょう?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
#2 なぜ、世界では「シリコンバレーモデル」が成功しているの?

2019.1.18

#2 なぜ、世界では「シリコンバレーモデル」が成功しているの?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
“大衆”に甘んじず、自ら考え、世界を広げよう

2019.1.17

“大衆”に甘んじず、自ら考え、世界を広げよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
#1 都市生活者に地方創生は関係あるの?

2019.1.15

#1 都市生活者に地方創生は関係あるの?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
本の再読を通じて、むかしの自分に会いにいこう

2019.1.10

本の再読を通じて、むかしの自分に会いにいこう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 松尾 卓摩

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.01.23

日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

2019.01.09

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム