明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

歴史上の人物に自分を重ね、共に夢を追いかけよう

明治大学 理工学部 教授 平石 久廣

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【18】

司馬遼太郎『坂の上の雲』(文春文庫・1999年)

昔から司馬遼太郎の小説は好きで、有名な作品はほとんど読んできました。なかでも1冊を選ぶとすれば、松山出身の歌人・正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を中心に明治の日本を描いた大河小説「坂の上の雲」です。

話の展開が荒唐無稽ではなく、歴史資料をしっかり踏まえた上で軸となる人物に焦点を当て、懸命に頑張っていく姿を描いたストーリーはとても読み応えがあります。

ほかにも信長・家康・三成などが登場する戦国もの、坂本龍馬・西郷隆盛・土方歳三などが活躍する維新ものもおもしろいと思いますが、歴史のなかで成功した例と上手くいかなかった例がはっきりしているので、現代の人が読んでも教訓になるのではないでしょうか。

実際に自分で挑戦するのは大変ですが、小説だとリスクなしに経験が味わえます。何か計画を立てるときには戦略をきちんと練って臨まないとダメだということも実感できるでしょう。若い方には「大志を抱け」というメッセージを込め、ぜひ読んでいただけたらと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

2020.7.9

建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 青沼 君明
#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

2020.7.7

#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
#1 企業の社会的責任とは?

2020.7.3

#1 企業の社会的責任とは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
物事を一度分解し、成り立ちについて考えてみよう

2020.7.2

物事を一度分解し、成り立ちについて考えてみよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 鈴木 雅博
自分をしっかり持って、多様性の中に身を置こう

2020.6.25

自分をしっかり持って、多様性の中に身を置こう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 小林 良樹

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム