明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

歴史上の人物に自分を重ね、共に夢を追いかけよう

平石 久廣 平石 久廣 明治大学 理工学部 教授

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【18】

司馬遼太郎『坂の上の雲』(文春文庫・1999年)

昔から司馬遼太郎の小説は好きで、有名な作品はほとんど読んできました。なかでも1冊を選ぶとすれば、松山出身の歌人・正岡子規と軍人の秋山好古・真之兄弟の三人を中心に明治の日本を描いた大河小説「坂の上の雲」です。

話の展開が荒唐無稽ではなく、歴史資料をしっかり踏まえた上で軸となる人物に焦点を当て、懸命に頑張っていく姿を描いたストーリーはとても読み応えがあります。

ほかにも信長・家康・三成などが登場する戦国もの、坂本龍馬・西郷隆盛・土方歳三などが活躍する維新ものもおもしろいと思いますが、歴史のなかで成功した例と上手くいかなかった例がはっきりしているので、現代の人が読んでも教訓になるのではないでしょうか。

実際に自分で挑戦するのは大変ですが、小説だとリスクなしに経験が味わえます。何か計画を立てるときには戦略をきちんと練って臨まないとダメだということも実感できるでしょう。若い方には「大志を抱け」というメッセージを込め、ぜひ読んでいただけたらと思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.5.6

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 石山 徳子
様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.4.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 後藤 晶
異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.4.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 中村 和恵
個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

2021.4.15

個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 新名 良介
好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之

新着記事

2021.05.06

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.04.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.04.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.04.21

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

人気記事ランキング

1

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

リレーコラム