明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

明治大学 経営学部 教授 塚本 一郎

株主主権的な企業観からステークホルダー的な企業観へ

CSRと言われても、具体的になにをすれば良いのかわからず、とりあえず法令を遵守することだけを意識している企業も多いと思います。もちろん、法令を遵守することは重要ですが、CSRの概念はそれだけではありません。

例えば、自社に関与する人を考えてみてください。株主、従業員、取引先、顧客、と思い浮かぶと思います。

彼らからは、投資や労働、納品、売価を与えられ、それに対して、配当や給料、取引額を支払い、顧客には満足してもらえる商品やサービスを提供しています。

つまり、こうした伝統的な企業モデルで考えれば、企業は利益を上げることによって、責任を果たせることになります。

しかし、企業の利害関係者(ステークホルダー)は、この四者だけでしょうか。もっと視野を広げて考えれば、政府や地域社会、NPOやNGO、そして地球環境もあることがわかります。

例えば、電気や石油などのエネルギーをまったく使わずに活動を行っている企業は、まずないでしょう。つまり、企業は、地球環境からも活動に必要なものを与えられているわけです。それに対する責任はどう果たせば良いのでしょう。

企業は株主のものという考え方があります。だから、利益を上げて株主に配当を出すのが良い企業ということになります。

しかし、企業価値に貢献し、影響力を与えているのは株主だけではありません。企業は多様なステークホルダーによって成り立っているのです。

ですから、その多様なステークホルダーに配慮した企業統治、経営を行うことが必要であり、それを実践することが企業の社会的責任、CSRということなのです。

CSRとは、株主主権的な企業観からステークホルダー的な企業観をもつことなのです。

すると、例えば、従業員やサプライチェーンに対しても、給料や支払いをすれば責任が果たされるのではなく、潜在するリスク(環境、人権、労働安全衛生、等)を低減することも重要であることや、地域社会や地球環境に対する貢献も大切であることがわかってきます。それが、今日の企業に求められていることなのです。

一方で、こうしたCSRに取り組むことは、コストと考えがちです。利益に直接繋がらないが、やっておかなければまずいからやる、という考え方です。

ところが、近年では、CSRに取り組むことが企業価値を高め、企業の成長にも繋がっているのです。

次回は、企業の評価について解説します。

#1 企業の社会的責任とは?
#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?
#3 CSRは企業の収益に繋がる?
#4 見せかけのCSRとは?
#5 私たちにできることとは?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

2020.8.6

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

  • 明治大学 国際日本学部 特任教授
  • 沼田 優子
世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

2020.7.30

世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 瀬戸 義哉
メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

2020.7.27

メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳
#5 私たちにできることとは?

2020.7.17

#5 私たちにできることとは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

2020.7.16

疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 原田 将

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

2020.07.22

人類の危機を救う植物の秘めた力を解き明かす

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

4

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム