明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#1 少子高齢化による人口減少が問題なのはなぜ?

金子 隆一 金子 隆一 明治大学 政治経済学部 特任教授

人口ピラミッドが頭でっかちの社会は、人類にとって初めて

いま、日本は急激な少子高齢化によって人口が減少しています。それはどういうことなのか、あらためて考えてみましょう。

まず、日本の人口は2008年の1億2808万人をピークに減少し始め、現在では、160万人以上減っています。2020年代は毎年平均約60万人、2030年代には80万人ずつ減っていく見通しです。すると、2065年にはピーク時から約4000万人(ピーク時人口の3割強)も減ることになります。

ところが、年齢別に見ると、65歳以上の人口は、この間、むしろ500万人ほど増えます。つまり、減るのはもっぱら65歳未満の若い人口で、この層が4500万人減るわけです。

この不均衡な人口減少が少子高齢化による人口減少の特徴で、不均衡ゆえに様々な問題が生じるのです。

例えば、この2065年の人口は、昭和30年(1955年)頃に匹敵する人口です。しかし、まったく異なるのが、年齢別の人口構成比です。

昭和30年頃は、いわゆる生産年齢(15~64歳)人口が多く、人口ピラミッドは、まさにピラミッド型をしていました。ところが、2065年の人口ピラミッドは、70歳代辺りをピークとした頭でっかちの形になるのです。

この形は、その後、徐々に収斂していき細長い花瓶のような形になります。人口高齢化が止まるのはそのときであり、それは、今世紀中頃であろうと予測されています。

問題なのは、それまでの間、絶対数でも割合でも急速に縮小していく生産年齢層で、非常に多い高齢層を支えなくてはならないということです。

そのために、「少子高齢化」はやっかいな問題として、一般に認識されてしまっています。

しかし、冷静に考えれば、長く生きることは人類の大きな夢のひとつです。長寿そのものは喜ばしいことであり、素晴らしいことです。いま、人生100年時代などといわれるようになりましたが、100年も生きられるということ自体は、人類が夢に見た社会が実現することでもあるのです。

では、なぜ、高齢化が問題なのか。

そもそも、「高齢化」とは総人口に占める高齢者の割合が増えることです。だから、社会に生まれてくる子どもたちが多ければ、人が長寿になっても、高齢化社会にはならないわけです。つまり、「高齢化」は「少子化」によって引き起こされている現象なのです。

しかも、日本ぐらいの大きな規模の社会で、人口ピラミッドが頭でっかちの形になるという事態は、実は、人類にとって初めての経験なのです。

そのために、「少子高齢化」は出口の見えづらい大問題になっていると言えます。

次回は、親族ネットワークが構造的になくなっていくことについて解説します。

#1 少子高齢化による人口減少が問題なのはなぜ?
#2 日本の家系の半分は消滅する?
#3 社会保障制度は、人がつくるもの?
#4 65歳は老後じゃない?
#5 私たちは人類の大転機にいる?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.6.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

  • 明治大学 法学部 特任教授
  • 森際 康友
受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.6.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.6.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.6.3

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

2021.6.1

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 長島 和茂

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム