明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

幕末の志士から、私心のない行動力を学ぼう

加藤 彰彦 加藤 彰彦 明治大学 政治経済学部 教授

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

教授陣によるリレーコラム/私が考える「次世代リーダーに必要な力」【32】

日本はこの25年間、政権交代可能な二大政党制というアメリカ型の政治を目指し、いったんは政権交代を実現しましたが、結局は元の木阿弥。自民党、立憲民主党、国民民主党の構図は、かつての自民党、社会党、民社党のようです。過去と違うのは政治が全体として脆弱化したことでしょうか。同じことがリーダーシップにも言えます。

アメリカ大統領のような首相像を目標に、メディアも含めて政治主導を追求した結果、官邸主導の強いリーダーシップが実現しました。しかし、最近の霞ヶ関の不祥事に象徴されるように、現場の職員から官僚、事務次官、さらには大臣、官邸へと階段状に続く、忖度の連鎖の構造が生まれています。このことは、トップダウン型のリーダーシップが日本人には馴染まないことを示しています。一方、昔も今も日本人に合っているのは、広い人脈を持ち人望もあるリーダーが、私心を捨て、下からの意見も吸い上げて調整した上で、覚悟をもって決断するというスタイルでしょう。

このことがよく表れているのが幕末の時代です。江戸時代は自営業の家社会。一家、一族、共同体の大小様々なリーダーたちがつくる社会でした。その中で主体性を育んだ若者たちが党派を形成し、人望を得たリーダーが政治を動かしていきました。半分農民・半分商人の下級武士はこのようなひとたちです。今年は明治維新150年。私たちは、西郷隆盛や勝海舟、坂本龍馬のように、肝が据わって覚悟があり、皆の言いぶんをよく聞きつつも、大局を見極めて「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ」の精神で、説得しながら決断していくリーダーにこそ、学ぶべきでしょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.7

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 湯淺 墾道
新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

2021.9.30

新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 太田 勝造
“入口”の先の世界で自分の可能性を広げていこう

2021.9.28

“入口”の先の世界で自分の可能性を広げていこう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 若野 友一郎
挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠

新着記事

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

4

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

5

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

リレーコラム