明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

加藤 彰彦

加藤 彰彦

明治大学 政治経済学部 教授

研究分野
比較社会学・家族人口学
研究テーマ
家族・人口・社会構造(社会の再生産システム)の国際的ならびに歴史的比較研究
主な著書・論文
  • 『家と共同性:家族研究の最前線』(編著・日本経済評論社・2016年)
  • 『こうすれば少子化は克服できる:「家族人口政策」の提言』(日本政策研究センター・2016年)
  • A Quantitative Picture of Contemporary Japanese Families: Tradition and Modernity in the 21st Century(共著・東北大学出版会・2013年)
  • 「未婚化を推し進めてきた2つの力:経済成長の低下と個人主義のイデオロギー」(『人口問題研究』第67巻第2号・2011年)

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

3

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2019.02.20

「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム