明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

加藤 彰彦

加藤 彰彦

明治大学 政治経済学部 教授

研究分野
比較社会学・家族人口学
研究テーマ
家族・人口・社会構造(社会の再生産システム)の国際的ならびに歴史的比較研究
主な著書・論文
  • 『家と共同性:家族研究の最前線』(編著・日本経済評論社・2016年)
  • 『こうすれば少子化は克服できる:「家族人口政策」の提言』(日本政策研究センター・2016年)
  • A Quantitative Picture of Contemporary Japanese Families: Tradition and Modernity in the 21st Century(共著・東北大学出版会・2013年)
  • 「未婚化を推し進めてきた2つの力:経済成長の低下と個人主義のイデオロギー」(『人口問題研究』第67巻第2号・2011年)

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.01.23

日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

2019.01.09

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム