明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

楽な道に逃げ出す自分を克服しよう

山岸 智子 山岸 智子 明治大学 政治経済学部 教授

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

教授陣によるリレーコラム/私が考える「次世代リーダーに必要な力」【28】

いまの若い人たちは慣れないものに遭遇したときにフリーズしたり、とにかく面倒は避けようとする傾向が強くなっているのが気になります。例えば、新しいことに触れるならば必ず得をするものでないとイヤなようです。やってみて失敗したときに、その分のエネルギーと時間がロスになると考えるみたいですね。知らないことでうまくいかないのを必要以上に大きく捉えているのではないでしょうか。

なるべく若いうちにカルチャーショックを受けて経験を積んだほうがよいので、怖がらずに広い世界を見て欲しいと思います。携帯やスマホを満たす「消費情報」の海から少し身を引き、最低限の語学や世界地理・歴史の知識、日本の立ち位置や自分の生きる指針を見直す「考える時間」を大切にしましょう。

また、これから激動の社会を迎えるなかで、船から乗組員が落ちないようにみんなで和を保っていくのは一方で大事なことですが、リーダーは波の向こう側を見ないといけません。船がどの方角へ向かっているのか、どのくらいの帆を張らなければいけないのか。頭の中に大きな海図を入れておくことが大切です。これからのリーダーにはそのような力も期待します。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

2021.4.1

「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

2021.3.25

大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
#4 えん罪ってなぜ起こるの?

2021.3.19

#4 えん罪ってなぜ起こるの?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦
「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

2021.3.18

「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 飯嶋 曜子

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム