明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#4 地方は都市より住みにくいでしょう?

明治大学 政治経済学部 准教授 奥山 雅之

都市より子育てがしやすい町もある

北海道の帯広市の北に上士幌町という町があります。この地域は酪農が盛んで、産業は存在し、職はあるのですが、やはり過疎化と財政難が悩みでした。若者の多くが住みやすい帯広市などに出て行ってしまうのです。

そこで、取り組んだのが「ふるさと納税」の活用です。まず、「ふるさと納税」の仕組みにいち早く取り組み、寄付額でトップクラスの自治体になりました。

しかし、上士幌町の取り組みの要点はその先にあります。町では、集まった寄付を「子育て少子化対策夢基金」として基金化し、その使途を明確化し、子育て世代への支援に重点化しました。

具体的には、認定こども園の完全無償化や賃貸住宅の整備促進などがあります。子育て世代の収入減少を実質的に補填することで、移住者の、年収の減少と子育ての不安を解消することを目指したわけです。

その結果、上士幌町の人口は社会増を達成しました。「ふるさと納税」を財源とした若い世代向けの移住・定住策が成果を上げたのです。

実は、「住みたい町」というのは、地域の創生、活性化にあたってとても重要なポイントです。

北アメリカ西海岸に位置するオレゴン州のポートランドは一地方都市ですが、長年、市開発局(PDC)が都市再生が必要な荒廃した地域を中心に、戦略的なインフラ整備から企業誘致を行い、官民一体となった町づくりを進めてきました。

その結果、今日では、アメリカで最も住みたい町といわれ、その人口は約60万人で、北米西海岸都市の中では3番目に多いのです。町の課題を明確にし、そこを重点的に支援する取り組みは、上士幌町にも共通しています。

「ふるさと納税」のような臨時的な財源が確保されると、多くの自治体では「議会筋」も含めて財政支出拡大要望が強まり、財政規律は緩みがちになります。

しかし、上士幌町は、大切な財源の使途を町の最も重要な課題解決に特化し、選択と集中を行うことに、地域の意見をまとめました。これが成功のポイントなのです。

この「まとまり」が上手くいかず、様々な意見が対立するばかりの地域では、活性化も発展も望めません。こういう状況になると、首長のリーダーシップがとても重要になります。

どうしても調整が上手くいかない場合は、しがらみのない「よそ者」の視点を入れることもひとつの方法になります。実際、首長や自治体の職員を、他地域から誘ったり、公募する事例もあります。

次回は、都市生活者と地方の新たな関係づくりについて解説します。

#1 都市生活者に地方創生は関係あるの?
#2 なぜ、世界では「シリコンバレーモデル」が成功しているの?
#3 地方は、よそ者に排他的なんでしょう?
#4 地方は都市より住みにくいでしょう?
#5 地方創生は都市生活者に何をもたらしてくれる?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

#3 CSRは企業の収益に繋がる?

2020.7.10

#3 CSRは企業の収益に繋がる?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

2020.7.9

建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 青沼 君明
#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

2020.7.7

#2 なぜ、CSRに取り組まなければならないの?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
#1 企業の社会的責任とは?

2020.7.3

#1 企業の社会的責任とは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
物事を一度分解し、成り立ちについて考えてみよう

2020.7.2

物事を一度分解し、成り立ちについて考えてみよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 鈴木 雅博

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム