明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

多角的な視点を養い、自らの知識を広げていこう

明治大学 政治経済学部 准教授 木寺 元

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【9】

宮本輝『青が散る』(文藝春秋・1982年)
藤目ゆき『性の歴史学―公娼制度・堕胎罪体制から売春防止法・優生保護法体制へ―』(不二出版・1997年)

『青が散る』は、大阪郊外に新説された大学のテニス部を舞台に、若者たちの4年間を描いた宮本輝の自伝的小説です。青春時代に直面する悩みなどがリアルに描写され、若いときに大変感銘を受けました。彼の作品では『泥の河』をはじめとする“川三部作”も好んで読みましたが、在日コリアンたちの暮らしぶりや戦争ですべてを失ってしまった父親の姿など、戦後の混沌とした状況が書かれており、当時の社会状況を知る上で興味深いものがあります。

マイノリティの話にも関心があり、いま読んでいるのは、戦時中の女性運動がどのように行われていたのかなど、日本近現代史を性と生殖の視点から研究した『性の歴史学』という本です。女性運動の中にも格差があり、富裕層の女性たちが主張していたことは必ずしも当時本当に困窮していた女性たちを救えていなかったのではないかなど、幅広い視点に気づかせてくれます。

自分の興味があることについて書かれた研究書を読むのは知識を広げるひとつの方法です。社会人の方も、ビジネスの分野だけでなく、自分の生い立ちや生活環境の中で気になっていることが研究された本に目を向けてみてはいかがでしょうか。一般にステレオタイプで物事を考えがちですが、研究者が歴史を掘る、社会を掘るというと、いままでとはまったく違う視点を出してきてくれるので面白いです。また、小説も自分が経験してこなかった人生を見せてくれます。読書を多面的に捉えることで、視野や知識の広がりに繋がると思います。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

頭の中にテーマを置き続け、日常にヒントを得よう

2019.7.18

頭の中にテーマを置き続け、日常にヒントを得よう

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

2019.7.11

生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

2019.7.5

#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦
わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

2019.7.4

わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
#3 自己組織化は経済に応用できる?

2019.7.2

#3 自己組織化は経済に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

3

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム