明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

過去を検討し直し、いまを相対化する視点を持とう

兼子 歩 兼子 歩 明治大学 政治経済学部 専任講師

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【14】

ジョーン・W・スコット『ジェンダーと歴史学』(荻野美穂訳・平凡社・1992年)

本書はジェンダーという概念を歴史学の方法として導入する上で最も重要な役割を果たした名著であり、世界中の歴史学者のみならず多くの人々に読まれ、センセーションを巻き起こしました。性差は歴史の中で語られることを通じて「つくられる」ということを指摘し、その「つくられ方」を明らかにするのがジェンダーの歴史学だと提起しています。

難解な本なので学部生時代に読んだときは理解できない部分も少なからずあったのですが、一般の性差に関する常識を覆すような考察に感動しました。

社会の中で我々が「男はこう、女はこう」と当たり前に考えているような特定の性差のあり方(ジェンダー)が、歴史のどの局面でそのように認識されるようになってしまったのか、さらに言えば歴史家たちも過去を描く上でどのようにそうした特定の性差についての認識を再生産してしまったのか、読み解いていく内容になっています。

歴史学は過去のことを研究するため、色々な意味ですぐに利益を生んだり、社会を良い方向に改善するための方法をパッと出せるものではありません。しかし、大きな意味で、人間の幸福や正義をなし得る上で役に立つ学問なのだと感じさせてくれる本です。過去を批判的に検討し直し、いまを相対化するまなざしを持たなければ、つくられる未来は限られたものになってしまうことを示唆してくれます。

学術的に高度で難解な本ではありますが、中には熱いメッセージが込められていて、人生経験を積まれてきた方ならば、本書のどこかしらに興味をひかれる、ハッとする部分がでてくるのではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.5.6

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 石山 徳子
様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.4.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 後藤 晶
異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.4.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 中村 和恵
個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

2021.4.15

個性をぶつけ合うことで、新しいものを生み出そう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 新名 良介
好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之

新着記事

2021.05.06

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.04.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.04.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.04.21

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

人気記事ランキング

1

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

リレーコラム