明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

原発本格再稼働の前に正しい議論を

明治大学 法学部 准教授 勝田 忠広

2011年の東日本大震災にともなう福島第一原子力発電所の事故は、私たちに原子力エネルギーについてより深く考えさせる契機となりました。しかし、この4年半の間、私たちは原子力発電について本当に正しい議論ができたのかは疑問です。なぜ、正しい議論ができないのか。考える必要があります。

福島の原発事故前と変わらない状況になりつつある

勝田 忠広 福島第一原子力発電所の事故は、私たちに様々なことを考えさせました。事故直後は、閉鎖的な原子力推進者のもとで、人間の科学力による原子力発電所の安全性は完全だと主張されていたにも関わらず、自然の猛威の前になすすべがなかったことが明らかになり、原発廃止論が声高に叫ばれました。確かに、事故の危険性は原発がもつ危うさの一面です。しかし、そのことが感情的に強調されるあまり、「安全なら大丈夫」と思考が停止したことは否めません。目先のことに囚われた昂ぶった感情は、その根底にある本質的な問題に気づきにくくなり、気がつけば何も変わっていない、という状況を引き起こします。事実、事故から4年半が経ち、運転を停止していた各地の原発立地の地元では、反対運動もあるものの、経済的期待から再稼働を歓迎する声があります。再稼働を期待する人たちには、原発の危険性を認識している人もいるようですが、それでも諦めて黙っている状況があります。福島の事故前と比べてむしろ状況はひどくなったかもしれません。なぜ、そうなったのか。それは、この4年半の間、福島事故の技術的な近因にのみとらわれ、社会的・経済的な遠因を考えずに思考停止のまま正しい議論を行わなかったからかもしれません。

社会・ライフの関連記事

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹
「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

2019.6.5

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 服部 俊宏
流行語大賞選びでわかる、日本語のしたたかな柔軟さ

2019.5.15

流行語大賞選びでわかる、日本語のしたたかな柔軟さ

  • 明治大学 文学部 教授
  • 小野 正弘
働き方改革は、「自分らしく働く権利」のために

2019.5.8

働き方改革は、「自分らしく働く権利」のために

  • 明治大学 専門職大学院 法務研究科 教授
  • 清野 幾久子
子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

2019.4.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

  • 明治大学 専門職大学院 法務研究科 教授
  • 平田 厚

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.06.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.06.05

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

2019.05.29

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

2019.05.15

流行語大賞選びでわかる、日本語のしたたかな柔軟さ

人気記事ランキング

1

2019.06.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2019.06.05

「縁」から見える日本の農村の多様性と持続性

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2018.08.01

「日韓併合」に口をつぐむ日本人でいたくはない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム