明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

原発本格再稼働の前に正しい議論を

勝田 忠広 勝田 忠広 明治大学 法学部 准教授

2011年の東日本大震災にともなう福島第一原子力発電所の事故は、私たちに原子力エネルギーについてより深く考えさせる契機となりました。しかし、この4年半の間、私たちは原子力発電について本当に正しい議論ができたのかは疑問です。なぜ、正しい議論ができないのか。考える必要があります。

福島の原発事故前と変わらない状況になりつつある

勝田 忠広 福島第一原子力発電所の事故は、私たちに様々なことを考えさせました。事故直後は、閉鎖的な原子力推進者のもとで、人間の科学力による原子力発電所の安全性は完全だと主張されていたにも関わらず、自然の猛威の前になすすべがなかったことが明らかになり、原発廃止論が声高に叫ばれました。確かに、事故の危険性は原発がもつ危うさの一面です。しかし、そのことが感情的に強調されるあまり、「安全なら大丈夫」と思考が停止したことは否めません。目先のことに囚われた昂ぶった感情は、その根底にある本質的な問題に気づきにくくなり、気がつけば何も変わっていない、という状況を引き起こします。事実、事故から4年半が経ち、運転を停止していた各地の原発立地の地元では、反対運動もあるものの、経済的期待から再稼働を歓迎する声があります。再稼働を期待する人たちには、原発の危険性を認識している人もいるようですが、それでも諦めて黙っている状況があります。福島の事故前と比べてむしろ状況はひどくなったかもしれません。なぜ、そうなったのか。それは、この4年半の間、福島事故の技術的な近因にのみとらわれ、社会的・経済的な遠因を考えずに思考停止のまま正しい議論を行わなかったからかもしれません。

社会・ライフの関連記事

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授
  • 森際 康友
違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.6.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一
少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

2021.5.26

少子高齢化ではない、少子超高齢に突入した日本社会の危機

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 加藤 竜太

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム