明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

グローバル化する憲法 ―求められる人権保障の多層的システム―

江島 晶子 江島 晶子 明治大学 法学部 教授

憲法を見る国際社会の視線

江島晶子教授 世界は動いています。激しく動いた国では、動いた後に(場合によっては動いているうちから)登場するのが、憲法制定・改正の議論です。とりわけ、第二次世界大戦後、非欧米圏において多数の独立国家が誕生し、数多くの憲法が誕生しました。興味深いのは、現代の憲法制定過程は、一国の問題ではなく、他国及び国際社会の注目の下で展開していることです。どのような憲法を制定するか、どのように憲法を改正するかについて、国際社会や他国は注目しています。投資家さえも反応します。つまり、憲法の内容が国への評価に結びつきうる時代なのです。そうした例の一つが南アフリカ憲法(1996年公布、1997年施行)です。アパルトヘイトを廃止し、国際社会への再デビューを果たした南アフリカの憲法は、20世紀末の「最新装備」と評価されました(もちろん、憲法典がただちに南アフリカ社会の問題を解決するわけではありませんが)。新たな理念の下に再出発した南アフリカが、2010年にアフリカ大陸初のFIFAワールドカップ開催を成功させたことは記憶に新しいところです。一方、ハンガリーは2011年に憲法裁判所の権限を制限するなど、立憲主義とは逆行する内容の憲法改正を透明性・熟議が不十分なまま性急に行い、国際社会から警戒の目で見られているという例もあります。「アラブの春」後の国々の憲法制定が注視されていることはいうまでもありません。

社会・ライフの関連記事

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

2021.9.1

肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

2021.8.27

人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人
パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江

新着記事

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

4

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

5

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

リレーコラム