明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

グローバル化する憲法 ―求められる人権保障の多層的システム―

明治大学 専門職大学院 法務研究科 教授 江島 晶子

共時的な日本国憲法と国際人権条約

憲法のグローバル化の進展は、一国が自由に憲法を改正できる時代ではないことを意味しています。他国からどのように見られてもいい、投資してもらわなくてもいい、観光に来てくれなくてもいい、といった鎖国的な閉じられた社会でもかまわないという人は少ないでしょう。グローバル化に対応した“開かれた社会”であろうとすれば、国際社会の視線、そして国際社会の中で何が共通価値なのか進行中の議論に常に注意を払う必要があります。日本でも、現在、憲法改正の議論がありますが、「憲法のグローバル化」という観点からすると、日本の状況は国際社会からはどのように見えるでしょうか。
その前提として、現行憲法である日本国憲法に立ち戻ってみます。日本国憲法は、平和主義、基本的人権の尊重、国民主権を基本原理に掲げています。この憲法は1946年に公布、1947年に施行されていますが、それは第二次世界大戦が終結し、ナチスのホロコーストに象徴される、大規模な人権侵害にショックを受けた国際社会が、人権は「国内問題」ではなく「国際問題」であると認識した時期に重なります。この認識は、1948年の世界人権宣言、そして数多くの人権条約に結実していきます。日本はその大半を批准しています。憲法とこれらの条約は「人権保障」という目的を共有しており、人権の実現過程において両者が密接に結合していれば、人権保障の実効性は高まるはずです。どのように憲法と国際人権条約を接合させるか、「人権保障の多層的システム」を構築することが私の研究テーマです。

社会・ライフの関連記事

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

  • 明治大学 経営学部 専任講師
  • 早川 佐知子
日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.12.4

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

  • 明治大学 農学部 教授
  • 中島 春紫
博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 井上 由佳
増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 岡部 卓
増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

2019.10.9

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 倉地 真太郎

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

人気記事ランキング

1

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2014.03.01

消費税が抱える問題 ―求められる公正な仕組みの実現―

5

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム