明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

金融機関の先進的リスク管理の落とし穴 ―理論的限界を踏まえた数学モデルの活用へ―

松山 直樹 松山 直樹 明治大学 総合数理学部 現象数理学科 教授

先進的リスク管理「ERM」

松山直樹教授 私は生命保険会社において、アクチュアリーとして長年にわたって勤務してきた経験を持つ。アクチュアリーとは、確率・統計などの数理的手法を活用して、保険や年金に関わる諸問題を解決し、財政の健全性の確保と制度の公正な運営に務めることを主な業務とする。その一つとして合理的な保険料の決定があるが、もう一方にはALM(Asset Liability Management=資産と負債の総合的管理)に見られるような、保険会社のリスク管理の役割も担う。ALMとは、保険・年金の負債の数理的特性と資産の特性を調和させることで破たんにつながる重大な金融リスクをコントロールしようとする技術である。1997年から2001年にかけて日本で7つの生命保険会社が相次いで破たんし、ALMの重要性が注目されるきっかけとなった。私も生命保険会社で長くALMに従事してきたが、大学に移って以降も、こういったアクチュアリー数理分野のリスク管理技術を主な研究対象としてきた。
その中で、近年注目されているのが、ERM(Enterprise Risk Management=全社的リスク管理)と呼ばれるリスク管理の考え方である。従来、企業のリスクは種類ごとに管理され、リスク管理はブレーキの役割を果たしてきた。それに対しERMは、ALMも包含する包括的枠組みとなっていて、その名が示すように、取締役会から従業員まで、トップダウンに企業全体で行われるプロセスであり、リスク管理の全体最適化を目指す。それによって、全社的に重要なリスクを特定し、経営資源を効率的に配分することが可能となる。つまり、ERMは企業価値の最大化を目指すリスク管理の手法といえる。いわば、ブレーキの役割に加えて、アクセルの役割も担うのがERMである。

社会・ライフの関連記事

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授(2021年3月退任)
  • 森際 康友
違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.6.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一

新着記事

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.07.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

リレーコラム