明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人口減少・少子高齢化社会がはらむ問題解決のために 「ソーシャル・マーケティングで意識を変革せよ」

木谷 光宏 木谷 光宏 明治大学 政治経済学部 教授

裾野が広い「産業心理学」という学問

木谷光宏教授 私が研究対象としている「産業心理学」は、産業社会における人間行動を、心理学的知見を活用して理論的かつ実証的に研究する学問だ。高度化し多様化した産業社会の中で人間はどのように行動すればいいのか。それを労働や組織、マーケティング、消費者行動などの切り口で、諸問題解決のために有効な知識や方法を探っていくというものである。産業心理学は100年ほど前、心理学者であるヒューゴ・ミュンスターバーグによって創始された。ミュンスターバーグは、その著書『心理学と産業能率』において、仕事の単調さや倦怠、注意を要する作業などといった問題について、心理的社会的要因が労働効率に与える影響という観点から考察した。その際、産業心理学を「最適の人(職業と適性)」「最良の仕事(作業効率と安全)」「最高の効果(プロモーションや広告宣伝)」の3つの枠組みで成り立っているとし、それが今に続く産業心理学のベースとなっている。したがって、産業心理学が対象とする領域は、人事、組織、労働、職業、マーケティング、消費者心理など裾野が広く、学問的にも人事心理学や作業心理学、社会心理学、経営学、社会学、人間工学など多岐に及ぶ。こうした幅広い産業心理学の中で、近年、私が研究分野として力を注いでいるのが「マーケティング」である。マーケティングのコンセプトは時代の変遷とともに変化してきた。かつてモノ不足の時代、生産指向であったマーケティングは、やがて製品の高品質を求める製品指向へ変化し、やがてプロモーションなどによる販売強化、さらには現在の顧客創造へと内容も意味も変わってきた。

社会・ライフの関連記事

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

2021.9.1

肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

2021.8.27

人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人
パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江

新着記事

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

4

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

5

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

リレーコラム