明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

田中 絵麻 田中 絵麻 明治大学 国際日本学部 専任講師

自動運転に対するアメリカと日本のアプローチ

 破壊的イノベーションは新しい技術開発だけでなしえるものではなく、それを社会に浸透させる制度設計が必要です。

 例えば、自動運転の技術がどんなに進んでも、公道試験がなければ、実用化は進展しません。

 アメリカ社会には、それを容認する土壌があります。それは、産官学が一体となり、技術の発展に応じた対応を行う制度があるからです。

 例えば、自動運転にはその自動化度合いに応じて5つのレベルに分けられています。

 レベル2までは運転手がいる前提で、機械やシステムが運転をアシストするレベルです。レベル3は高速道路での自動運転が可能で、レベル4以上は完全自動運転が可能です。

 この規定をつくったのはSAEという自動車業界の民間の団体です。国は、この規定を基にガイドラインの整備などを行っているのです。

 例えば、2016年に、レベル3の自動運転の車が公道試験で死亡事故を起こしました。すると、徹底的な調査が行われ、運転手のヒューマンエラーが原因の一つであることが突き止められました。

 レベル3の自動運転では、車は異常事態を認識すると警告を発し、人が運転することを求めます。しかし、このときの運転手はその警告を無視し、ハンドルを握らないまま走行を続けました。

 加えて、アメリカの運輸省の道路交通安全局は、車の自動回路への過度の依存があるときのセーフガードの欠如を指摘し、開発チームに対しては、そうした状況に対応する仕組みの開発を勧告しました。

 このように、民間からのボトムアップと、それを基に行政側が標準化やガイドラインを策定したり、問題が起きたときには民間に対して勧告などの指示を出すトップダウンの両面が上手くサイクルする仕組みがあることが重要だと考えます。

 それによって技術と制度が補完し合うように機能していることが、アメリカが破壊的イノベーションを生み出しやすい基盤になっている一つの要因ではないかと感じています。

 一方、日本でも公道試験が許可されるようですが、時速20km以下という条件が付くようです。

 現在、日本で想定されている自動運転の活用方法の一つは、バスなどの公共交通となっています。高齢化、過疎化が進む地域での有効な交通手段にもなりうるため、安全性と利便性が求められます。

 高齢化が急激に進み、高齢者の死亡事故の増加や、そのために高齢者の免許証の自主返納を奨励する日本社会では、自動運転技術を高齢者の車や公共交通に活かすことが重要になっています。

 新しい技術の発展は、社会全体の需要や要望によってつくられる制度によって、その方向性も異なってくると考えます。

社会・ライフの関連記事

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

2021.4.21

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 後藤 晶
建築シミュレーションで安心と快適を見える化する

2021.3.3

建築シミュレーションで安心と快適を見える化する

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 樋山 恭助
なにを得るために個人の情報をやり取りするのか?

2021.2.3

なにを得るために個人の情報をやり取りするのか?

  • 明治大学 商学部 教授
  • 福田 康典
動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

2021.1.13

動物の移動や行動がわかると、効果的な環境保全もわかってくる

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任准教授
  • 山本 誉士

新着記事

2021.05.06

現場に足を運び、「目」と「耳」で吸収しよう

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.04.26

様々な分野の知見を結集し、課題解決を図ろう

2021.04.22

異文化交流をきっかけに、人生の本質を見直そう

2021.04.21

行動経済学によって人は自由になる? 従属的になる?

人気記事ランキング

1

2021.04.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

リレーコラム