明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人工知能がマーケティングを進化させる

高木 友博 高木 友博 明治大学 理工学部 教授

人工知能を人にとって本当に有益なものとするために

高木 友博 現在、様々な分野で人工知能の開発が進んでいます。囲碁のトップ棋士が人工知能に負けたことはニュースにもなりました。もう少ししたら、人工知能を積んだロボットが反乱を起こし、人間は征服されてしまうのではないかなどともいわれています。しかし、人工知能を研究する私から見ると、そんなことはあり得ません。人間はそれほど頭が良いのです。人は日常の何気ない会話でも、柔軟かつ適切な情報処理を瞬時に行っています。実は、それはとても難しい作業であり、人工知能はまだまだそのレベルに達していませんし、今後も非常に困難です。

 人工知能のメリットは、知的であっても人にとって手間のかかるレベルの事を効率的にこなすことです。膨大なデータを的確に処理し、そこから最適な結果をスピーディーに計算することはそのひとつです。マーケティングの分野において人工知能への期待が高まったのも、ビッグデータといわれる膨大な情報をより有効に活用するためです。しかし、自分の足跡である情報を基にして自分用にカスタマイズされた広告が送られてくるのは、プライバシーが見透かされているようで怖いといわれることがあります。しかし、情報を扱っている側の業界人や私たちは、どこまでなら個人のプライバシーに触れても大丈夫なのか、非常に気を使っています。また、私たちが作っている広告は、怖がられたり気持ち悪がられたりすれば、その時点で広告としての価値はなくなってしまいます。ユーザーにとっては不必要な広告が多い中で、より有益な情報を提供する広告を私たちは目指しています。さらには、その考えは広告に限らず、マーケティング全般にいえることです。ユーザーにとって、うれしいマーケティング、有益なマーケティングを提供する人工知能が、私たちにとっての理想です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.9.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 若野 友一郎
気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.8.5

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 矢﨑 友嗣
がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム