明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

高木 友博
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

高木 友博

明治大学 理工学部 教授

略歴
計算型知能の一種であるファジィ理論の世界でも屈指の権威であると当時にマーケティング理論に精通。高精度推薦エンジン、高精度ターゲティング、マーケティング全体の高度デジタル化に関する先端的研究・開発・商品化を行いつつ、産業界での技術戦略、事業戦略、新規事業企画・開発、実プロダクト開発にも携わっている。これまで、国内大手企業や米国石油資本などと、様々な共同研究・委託研究を行っており、競争型国際ワークショップにおいてもトップレベルの成績を収めている。カリフルニア大学バークレー校コンピュータサイエンス学科客員研究員、松下電器産業、日本学術振興会プログラムオフィサーなどを経て現任。
研究分野
計算型人工知能、データドリブンマーケティング、ウェブサイエンス
研究テーマ
データドリブンマーケティングの高度知能化
学位
博士(工学)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.06.24

ときには、自分の“原体験”を振り返ってみよう

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

人気記事ランキング

1

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.23

コロナ禍の人口移動で、都市のバーチャル化が進む?

5

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

リレーコラム