明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

8K・スーパーハイビジョン時代がやってくる ―究極には意味がある―

鹿喰 善明 鹿喰 善明 明治大学 総合数理学部 教授

「8K」がもたらすインパクト

鹿喰善明教授 「8K」スーパーハイビジョンは、リオデジャネイロ五輪開催の2016年に試験放送を開始、2020年の東京五輪での本放送開始で、一般家庭への普及が計画されている。一部では、「8K」が生み出す超高精細映像やそれに伴う臨場感を、それほど多くの人が求めていないという声も聞こえてくる。現状のハイビジョンで十分という意見だ。しかし、「8K」をひとたび体験するとその意見を一変させる人は多い。「8K」が社会や生活にもたらす恩恵は極めて大きい。通常のテレビ視聴においては、より多くの体験を、より迫力あり、より美しく、より疲れない形で享受することが可能となる。「8K」は家庭用テレビに限定されるものではない。ロンドン五輪では「8K」スーパーハイビジョンによる「パブリックビューイング」が実施されたが、ステージ、スポーツなど様々なイベントでのパブリックビューイングが可能となる。また、最も期待されるものの一つが医療分野への応用だ。解像度の高い映像は、心臓や血管などの微細な手術の現場での適用が期待される。人の目を実現したということは、人の目と同等の情報出入力や処理が実現するということであり、障害を持った人をサポートすることも可能となるだろう。
これらは一例にすぎないが、「8K」は多方面での多様な展開が可能であり、それによって本格的な映像の時代が到来する。ちなみに、「8K」スーパーハイビジョンは世界の中で日本が先頭を走っている分野だ。その実現は、日本のエレクトロニクス産業活性化の起爆剤となる可能性も秘めている。「8K」スーパーハイビジョンの実現は、様々な分野にインパクトをもたらし、人間社会・生活の向上に大きく寄与するだろう。

※掲載内容は2014年7月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

2022.11.18

「タンパク質は面白い」という好奇心が、がん退治にも繋がる!?

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
血液はサラサラだけでなく、ドロドロも必要!?

2022.10.26

血液はサラサラだけでなく、ドロドロも必要!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 平野 太一
健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

2022.7.15

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

  • 明治大学 農学部 教授
  • 浜本 牧子
数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事