明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

8K・スーパーハイビジョン時代がやってくる ―究極には意味がある―

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 教授 鹿喰 善明

「4K」テレビという存在

 デジタルハイビジョンの開発を後押ししたのは、コンピュータのCPUやメモリーの飛躍的な進化だった。21世紀に入る前後、デジタルハイビジョン放送が始まる時期に呼応するように、NHKはスーパーハイビジョンの研究開発に着手する。いわゆる「8K」である。現在のデジタルハイビジョンは「2K」であるが、この2や8という数字は画素数を示すものだ。デジタルの世界では2の10乗=1024のことを大文字のKで表記する。ハイビジョンは横1920×縦1080ピクセルの画素数で画面が構成されており、水平方向画素数1920がほぼ2000となるため「2K」と言い表している。現在開発が進められているスーパーハイビジョン「8K」は、横7680×縦4320ピクセルであり、7680がほぼ8000であることから「8K」とよばれている。
その間にあるのが、3Dテレビブームの後に登場した「4K」テレビである。現在市販されている「4K」テレビは単にディスプレイが「4K」であるということであり、従来の「2K」ハイビジョン放送の画像解像度を多少向上させるにすぎない。最近になって放送事業者や電機メーカーで構成される次世代放送の推進団体が「4K」の試験放送を開始したことからもわかるように、送受信機器・システムを含めた「4K」テレビが確立されているわけではないのだ。「4K」が持ち出されたのは、2の次は4といったもの作りの手順による部分が少なくなく、NHKは当初から、「8K」に標準を合わせて研究開発を進めてきた。それは「8K」が“究極のテレビ”だからである。

IT・科学の関連記事

画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

2020.4.22

画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 宮本 龍介
がんの検査だけじゃない! ヒ素を無毒化する線虫にも注目!

2020.3.4

がんの検査だけじゃない! ヒ素を無毒化する線虫にも注目!

  • 明治大学 農学部 専任講師
      科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任)
  • 新屋 良治
人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2020.2.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 橋本 健二
軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

2020.1.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 岩堀 豊

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.05.27

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

2020.05.20

再生医療からアンチエイジングにも役立つ遺伝子の「付箋」とは!?

2020.05.13

より良い労働条件獲得のために、ストライキよりさらに有効なこと

2020.04.22

画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

2020.04.15

自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2018.01.19

#1 そもそも、憲法と法律はどう違うのか?

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム