明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

便利なロボットは人の不便から生まれる

加藤 恵輔  加藤 恵輔  明治大学 理工学部 専任講師

人の不便を解決したいという思いから始まるロボット開発

 人に代替し、人の意を汲んで作業を行ってくれる自律型のロボットを目指して技術的要求レベルを上げ、その技術開発を行っていくやり方に対して、まず、日常生活で人をどう支援するかを考えてロボット開発を行う場合、その第一歩となるのは、いまある日常生活のなにが不便で、なにがニーズであるかを知ることです。

 例えば、介護が必要な人のニーズに応える技術もあれば、介護をする人に必要なニーズもあります。話を聞いたりすると、介護には相当の体力が必要で、腰を痛めるリスクが常にあり、しかも、腰を痛めてしまうと介護の活動に支障をきたすことがわかります。

 そこで、介護を一貫して行える万能型ロボットの開発が進められる一方で、その要素技術を応用して、人が装着することでその人の能力が増幅したようになるパワードスーツの開発も進められています。

 要は、腕や下肢の力が増し、介護に必要な体力を支援するわけです。これは、すでに実用化もされていますが、やはり、高価であることが普及の壁になっています。

 この価格を下げることがいまの課題ですが、介護の自律型ロボットの開発よりは、はるかに早く実用化の道筋が立っているわけです。

 もっと卑近なニーズから始まった研究もあります。先に述べた、私たちによる一般の住宅の階段を昇る移動型ロボットは、そもそも、エレベータがない建物にある私たちの研究室に、非常に重い実験装置を運ぼうとしたことが研究のきっかけでした。

 そこで、階段の形状に応じて安定した動作ができるように、車輪やクローラ、4脚型などを試行錯誤しました。結果として、ロボットの形態を少しずつ変えてやれば、様々なニーズや状況に応じて、人を支援することができる移動型ロボットができることに繋がったのです。

 人には、自身のやりたいことは自らしたい、という欲求があります。また、そういう欲求があるものの、体が思うように動かせないという人もいるでしょう。ケガのリスクを考慮しなければならない人もいると思います。

 そんな人たちに、支援のためのロボットや、ロボットの技術を応用した機械などがあれば、その人の選択肢が広がります。つまり、やれることの可能性が広がるのです。

 そんなロボットの開発と普及は、人の不便を解決したいという思いから始まるわけです。それも、ロボット開発の重要な方向のひとつだと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎
体に効く薬とはタンパク質に効く薬

2021.2.10

体に効く薬とはタンパク質に効く薬

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 光武 亜代理

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

リレーコラム