明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

プログラミング教育が普及するほど、日本のSEは減っていく!?

早川 智一 早川 智一 明治大学 理工学部 専任講師

2020年度から、小学校でプログラミング教育が必修化されることになりました。将来のプログラマーを育てる一歩になると期待が寄せられていますが、一方で、せっかく優秀な人材を育てても、日本のIT業界の環境を変えないと、本末転倒になるという指摘もあります。

情報系学科出身者が極端に少ない日本のSE

早川 智一 小学校でプログラミングの授業が始まることになりましたが、情報系学科の教員として期待するところは大きいです。実は、現在、日本のSE(システムエンジニア)で、情報系学科出身者の割合は23%という調査結果があります。これは、他国と比較すると低いと言えます。

 例えば、IT大国といわれるインドでは、SEの72%が情報系学科の出身です。アメリカでも44%がそうです。なぜ、日本は低いのか。ひとつには、日本ではハードウェア信仰が強く、ソフトウェアを軽視する風潮があるからかもしれません。あるいは、SEの仕事に必要な知識は、社会に出てから学べば良いと思われているからかもしれません。

 しかし、一流のSEになろうとすれば、学ばなくてはならない専門知識はとても多いのです。例えば、アメリカの大学でコンピュータサイエンスを学ぶ学生は、月曜から金曜までは予習・復習をしながら授業を受けて、土日はレポートなどの授業課題を必死にこなす、という生活を送ることが珍しくないようです。そうしないと、シリコンバレーのIT企業などでソフトウェアエンジニア(SEのアメリカでの呼称)として働くことは難しいのでしょう。

 ところが、日本ではSEといっても、プログラムが書けないSEもたくさんいます。ただし、日本でいうSEは守備範囲が広く、技術以外の側面が求められることも多いのですが。いずれにせよ、2020年までに37万人のIT人材が不足するという調査結果がありますが、誤解を恐れずに言えば、単に人数が足りないのではなく、優秀な人材が足りないと捉えるべきでしょう。

 その意味では、小学生の頃からプログラミングに興味をもち、そのモチベーションを保ったまま情報系学科に進む学生が増えれば、それはうれしいことです。そうした学生を伸ばしてあげることは、私たちの責務であるとも思っています。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.07.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

リレーコラム