明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

プログラミング教育が普及するほど、日本のSEは減っていく!?

明治大学 理工学部 専任講師 早川 智一

人材育成とともにIT業界の仕組みの改革が必要

早川 智一  もうひとつの懸念は、いくら優秀なSEを育てることができても、日本には、そうしたSEが本当に活躍できる環境が整っていないことです。アメリカの学生が必死になって勉強するのは、実力に応じた収入が得られるからでしょう。

 シリコンバレーでは、新卒のソフトウェアエンジニアにいきなり高額の初任給を払うことも珍しくないようです。そのインセンティブが学生のモチベーションとなるのです。

 ところが日本では、SEの初任給は決して高くはないですし、非情報系学科卒であっても情報系学科卒であってもSEになれる上に、両者の年収に大差はないようです。これでは、SEを目指す学生のモチベーションは上がらないでしょう。

 最近、一部のIT企業では、新卒一括採用ではなく、学生の能力に応じて初任給に差をつけるところが出てきました。こうした傾向がもっと広まることを期待しています。

 さらに、日本では、仕事の構図が発注者を頂点にしたピラミッド型で、実務を担うSEはその底辺に位置されることも問題です。その原因は、発注者から案件を直接受注した企業に、必要な数のSEがいないためです。なぜなら、正社員を解雇することが厳しく制限される日本の法律では、ピーク時に合わせた人数のSEを正社員採用することはリスクが高いからです。

 そのため、大型案件が入ると、関連企業や別の会社に仕事を割り振ることになります。すると、ピラミッド型が構成されていき、実際の作業に当たるSEは、その一番底辺にいることになります。発注者ははるか上で、ピラミッドの中段にいる企業にはプログラムが書けない「SE」がいることもあります。このような環境では、仕事に対するモチベーションも上がらないでしょう。

 実は、アメリカでも以前はそのような仕事の形があったようですが、現在ではあまりないようです。なぜなら、アメリカは解雇規制が緩いということもありますが、ひとつの案件に複数の企業が入ることで、作業の進捗が遅くなることが理由として挙げられるでしょう。

 IT業界は、いわば1位総取りの世界です。1位になるためには、アイデアをいかに早く形にするかが重要です。そのため、アジャイル開発と呼ばれるスタイルで、アイデアを市場投入するまでの一連の工程がスピーディに行われています。

 つまり、日本は、ITの人材育成の面でも、IT業界の仕組みでも、世界基準からは遅れていると言わざるを得ません。ようやく人材育成の面についての取り組みが始まりましたが、それと同時に業界内の仕組みを改革していかなければ、世界との差は開くばかりだと思います。

 それでも、いままで日本のIT産業がやってこられたのは、日本語という壁があったからだと思います。日本の企業は日本語で発注するので、海外のIT企業はなかなか参入できなかったのです。

 ところが、最近は、オフショア開発が伸びてきました。もともとは、人件費が安い国のIT企業に開発を依頼しコストを削減するのが目的でしたが、インドでも、中国でも、ベトナムでも、人件費が安いだけでなく、技術力も決して低くないようです。あるいは、単に海外の人件費が安いからではなく、日本と現地の両方のビジネス習慣を熟知しているブリッジSEが、日本の発注者と現地のSEを直接つなぐスタイルにより、前述のピラミッド構造による問題を受けにくいことも理由かもしれません。

 だとすれば、日本のIT業界は本当に改革を行わなければ、この先、大変なことになるでしょう。日本語の壁は海外のIT企業に崩され、育った人材は優秀な者ほど、インセンティブを求めてシリコンバレーに流出していくかもしれないのです。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

2020.8.26

人工知能を作ることから始まる現代のものづくり

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 金子 弘昌
便利なロボットは人の不便から生まれる

2020.8.19

便利なロボットは人の不便から生まれる

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 加藤 恵輔 
人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.7.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳
インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.6.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 小林 良樹

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.09.30

メディア・リテラシーの有無が生死を分けることもある

2020.09.23

コロナ渦を都市政策の歴史的な転換点に

2020.09.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

2020.09.09

土壌は資源であり、持続的な活用のためには知恵が必要

2020.09.02

データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.09.23

コロナ渦を都市政策の歴史的な転換点に

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2020.09.30

メディア・リテラシーの有無が生死を分けることもある

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム