明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

溝辺 泰雄 溝辺 泰雄 明治大学 国際日本学部 教授

日本が目指すのは持続的な関わり方

 それに対して日本は、投資額で中国に大きく差をつけられていることを懸念する意見もありますが、むしろ、官民を挙げた持続的な関わり方にシフトしつつあり、それは間違っていないと思います。アフリカは、長い間、世界が援助すべき立場でした。しかし、援助はゴールではなく、あくまでも手段です。援助したからそれで終わりではなく、最終的な目的は、現地の人たちが自律的に発展していくことです。その意味で、近年日本の民間企業が、アフリカを対等なビジネスパートナーとして捉え、活動を活発化させていることは、日本とアフリカの双方にとって望ましい姿だと思います。最近では、大企業だけでなく、ICT関連の中小企業なども各国から招かれ、現地でICT技術のワークショップを実施したりしています。

 実は、本学もアフリカからの留学生を受け入れています。彼らを見ていると、デジタルメディアの使い方や知識も日本の学生と変わりません。彼らのような人材がICTのシステムや諸分野でのイノベーションを生み出す専門家へと成長すれば、アフリカと日本、そして世界をつなぐ存在になってくれることでしょう。大きな可能性を秘めたアフリカだからこそ、いたずらに投資競争をするのではなく、ビジネスや教育を含めた民間レベルの幅広い交流が、日本とアフリカの持続的な関わり方に繋がっていくと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

2021.8.18

「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 鵜戸 聡
日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.7.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

2021.7.7

K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美
ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

2021.6.30

ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

  • 明治大学 文学部 教授
  • 荒又 美陽
アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.4.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 石山 徳子

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム