明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

溝辺 泰雄
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

溝辺 泰雄

明治大学 国際日本学部 教授

研究分野
近現代アフリカ研究
研究テーマ
アフリカ独自の近代化・自立的発展論に関する歴史的研究
【キーワード】地域研究、サハラ以南アフリカ、近代化、開発、日本アフリカ交渉史
主な著書・論文
  • 『食と農のアフリカ史:現代の基層に迫る』(石川博樹、他 編・昭和堂・2016年・291-309頁「脱植民地化のなかの農業政策構想:独立期ガーナの政治指導者クワメ・ンクルマの開発政策から」担当)
  • "Japanese Newspaper Coverage of Africa (and African Soldiers) during World War II: The Case of the Tokyo Nichi Nichi (Mainichi) Shimbun, 1939-1945", In Gloria Chuku ed., Ethnicities, Nationalities, and Cross-Cultural Representations in Africa and the Diaspora, Carolina Academic Press, 2015, pp. 163-182.
  • 『ガーナを知るための47章』(明石書店・2011年・第21,34-37章担当)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2021.09.30

新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

人気記事ランキング

1

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム