明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

インバウンドとアウトバウンドが逆転した日本が、 観光立国へ向けていますべきこと

明治大学 国際日本学部 専任講師 佐藤 郁

観光庁の発表によると、2015年の訪日外国人旅行者(インバウンド)の数は1,974万人で、出国日本人(アウトバウンド)の数は1,621万人でした。2003年に当時の小泉首相が観光立国に向けての取組みを始めて以来、ついにインバウンドがアウトバウンドを上回ったことになります。しかし、インバンドの増加=観光立国ではありません。本当の観光立国に向けての取組みは、これからが正念場だといえます。

インバウンドの数字だけにとらわれていてはダメ

佐藤 郁 以前、長年アウトバウンド優位の日本の旅行業界に身をおいていた私にとって、インバウンドがアウトバウンドを上回ったという発表には感慨深いものがありました。この背景には、観光ビザの緩和をはじめ、都市や観光地で見られる外国語で書かれた案内などのインフォメーションの整備、観光関連産業の連携強化への支援、観光庁や日本政府観光局が中心となって行なっている「ビジット・ジャパン」などのプロモーション活動があり、また円安傾向も追い風になったと思います。

 こうした背景のもとに今回の成果が出たわけですが、するとすぐに、2020年に向けて、倍の4,000万人のインバウンドを目指すという声が出ています。しかし、それには「ちょっと待って」という思いがあります。もちろん政策として数値目標は必要でしょう。しかし、重要なのはその数字を達成するためにどういう取組みが必要なのか、そしてどういう問題やジレンマがあるのかをしっかり議論し、その議論に基づいて指針を立て、実政策を推進していくことです。残念なことに、観光立国の実政策がこれからの日本を担っていく若い世代にほとんど知られていないという現実があります。観光が本質的にもつ「ジレンマ」を理解しなければ、長期的に観光を国の柱にしていくことはできません。インバウンドの数は外的要因に大きく左右されます。数字を達成することが目標になってしまっては単なる「ブーム」になってしまい、観光立国を目指すという本質を見失いかねません。いま、日本は本当の観光立国になるためのターニングポイントにあると思います。数字に一喜一憂するだけでなく、目指すべき本当の観光立国とは何なのか、あらためて考えてみたいと思います。

国際の関連記事

移民を引き寄せるアメリカの魅力が、日本にはあるか

2020.6.3

移民を引き寄せるアメリカの魅力が、日本にはあるか

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 下斗米 秀之
歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2020.4.1

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 林 ひふみ
日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.07.01

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

2020.06.24

子どもの権利を見落とす/教師の権利も見落とされる「ブラック」な学校

2020.06.17

インテリジェンス研究:安全と権利自由の「両立」をいかにして実現するか

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム