明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

明治大学 情報コミュニケーション学部 教授 根橋 玲子

「留学生30万人計画」という政策をご存じでしょうか。文部科学省のほか、外務省や法務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省も関係しているビッグプロジェクトといえるものです。2008年に始まり、留学生を30万人受け入れる目標に向けて、順調に進行しているといわれます。しかし、数字の達成ばかりに目を取られていると、根本的な問題を見失う恐れがあるといいます。

人材確保につながっている「留学生30万人計画」

根橋 玲子 「留学生30万人計画」は、2008年からスタートした政策で、2020年までに、留学生を30万人受け入れることを目指しています。その目的は、大学等の教育研究の国際競争力を高め、優れた留学生を戦略的に獲得することなどにあります。現実には、日本の大学や大学院で教育を受け、日本に馴染んだ留学生を日本国内で就職させ、人材として活用していくことにつながっています。実は、「留学生30万人計画」に先立ち、1983年に「留学生10万人計画」がありました。数字的には達成されましたが、当時は、卒業後に日本で就職する学生は今ほど多くはありませんでした。そこで、「留学生30万人計画」が始まった2年後の2010年には入管法が改正され、永住権が取りやすくなるなどの施策が実施されました。こうした政策により、留学生の数は増え、また、日本国内での就職率も徐々に上がりました。人手不足といわれ、売り手市場となったここ数年では、留学生の多くが日本で就職するようになっています。

 その意味では、「留学生30万人計画」は政府の意図に沿って進行しているといえるかもしれません。日本人学生と同じように、最近では就活のために授業に出られないなどという留学生も増え、教育者としては、人材育成の機能は果たしているものの、それが本末転倒になっていると感じることもあります。しかし一方で、海外進出を進めていたり、視野に入れている国内企業が留学生を重要な戦力として迎えたり、ダイバーシティ・マネジメントの一環として期待している状況には、異文化を背景にもつ人たちの共働を研究する者として、非常に興味があります。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

人気記事ランキング

1

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム