明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

根橋 玲子 根橋 玲子 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

日本に定住を進めるならば、様々な可能性を考えよ

根橋 玲子 こうした日系人労働者の問題は、リーマンショックに続き2011年の東日本大震災により帰国する者が増えたことで、うやむやになったともいわれます。もちろん、日本に残った日系人も多く、彼らが以前から集住する地域では、自治体によって問題解決の努力や多くの取り組みがなされてきましたが、日本全体を見渡すと、まだまだ課題は多いと考えます。

 「留学生30万人計画」は、日系人労働者で露わになった、こうした問題を解決しようという意図もあります。しかし、日本語や日本文化に対する理解を深めれば、それですべてが解決するわけではありません。就職した留学生たちに話を聞くと、学生時代は良かったものの、日本の企業に属してみると、その習慣や風習に戸惑うことがいろいろあると言います。また、留学生に多い中国人には、日本人のように一社に長く勤める考え方がないので、受け入れる企業側にも戸惑いがあるようです。

 さらに、今後、大きな問題となりそうなのが、結婚や出産、そして子どもの教育の問題です。日本で就職した留学生同士が結婚したとき、留学生と日本人が結婚したとき、彼らはどこで暮らしていくのか。また、子どもが産まれたら、その子はどこで育てるのか、どこで教育を受けさせるのか。さらに、中国には、親の老後は子どもが見る習慣が日本よりも強くあります。本人が日本で働き続けたいと思ったとき、両親をどうするのか。現状では、呼び寄せは制度的に難しいですが、呼び寄せることができるようになったとしても、中国人の高齢者が日本社会で暮らせるのか。こうした問題は、個人だけで解決できないこともあります。そのとき、留学生たちはどのような選択をするでしょうか。日本にはいられないと思う人もいれば、日本にいたくても帰国、もしくは他の国に行かざるを得ない人も出てくるでしょう。こうした様々な問題はすでに起き始めています。さらに、次々と課題が明らかになるのは、もう間近に迫っています。

国際の関連記事

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

2022.7.20

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

2022.2.25

「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

  • 明治大学 国際連携機構 特任准教授
  • タンシリトンチャイ ウィライラック
西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

2022.2.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 井上 貴恵
旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

2021.12.8

旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

  • 明治大学 法学部 教授
  • 佐藤 智恵

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

連載記事