明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

トランプ氏の選挙モデルは日本のネット選挙に応用できるか?

清原 聖子 清原 聖子 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

2016年のアメリカ大統領選挙では、トランプ氏のツィッターの活用が注目されました。トランプ氏も自ら「ソーシャルメディアが私の選挙を助けた」と語っています。では、トランプ氏はなぜソーシャルメディアを活かすことができたのか、また、日本の選挙でも今後、活かすことができるのか、アメリカ大統領選挙から考えてみましょう。

同じソーシャルメディアでも、使い方に違いがあった

クリントン候補の集会会場に入りきれず、炎天下で3時間待たされて入れたパブリックビューイング会場。(2016年8月1日、ネブラスカ州オマハ)
クリントン候補の集会会場に入りきれず、炎天下で3時間待たされて入れたパブリックビューイング会場。(2016年8月1日、ネブラスカ州オマハ)
 アメリカ大統領選挙にインターネットが活用されるようになったのは、1990年代半ばからです。最初は候補者がホームページを開設し、意見や主張を掲載した本当にシンプルなものでした。転換となったのは2000年の大統領選挙です。各陣営がホームページ上でボランティアを募集したり、選挙献金ができる仕組みを作りました。2008年に立候補したオバマ大統領は、ユーチューブを利用した動画や、iPhone用のアプリを活用するなど、普及したブロードバンドを積極的に活用するようになりました。そして2012年になると、ツィッターも活用するようになります。ツィッターの特徴は、スピーチなどを即座に発信したり、ライバル陣営への反論も素早く行えることです。対立候補の陣営がこんなことを言っている、と見た途端に、こちらもすぐに打ち返す。それを、互いの支持者や有権者はライブ感覚で見て、候補者の動向を知るだけでなく、ある意味、楽しむわけです。こうした傾向がさらに激しくなったのが2016年の大統領選挙でした。

 当選後、CBSのニュース番組のインタビューに「ソーシャルメディアが私の選挙を助けた」と語ったトランプ氏はもちろん、クリントン陣営も外部の支援団体がrapid response teamを作り、ソーシャルメディア対策を行っていました。クリントン陣営の場合、陣営側の情報をニュースとして一気に流すという方法が中心でした。例えば、予備選挙での勝利演説の時に、スピーチ内容をリアルタイムでツィッター上に載せたり、あるいは、クリントン氏のテレビCMを編集して流すなど、動画も多く利用した見栄えの良いもので、クリントン氏をアナウンスするという意味合いの強いものです。しかし、それは上からコントロールされたもので、有権者と対話するより、パーソナルなテレビ局のようなものと言えます。それに対してトランプ氏は、ツィッターをインフォーマル(非公式)なコミュニケーションツールとして活用し、支持者との対話を広げる使い方をしました。そこでは、トランプ氏の暴言ともいえるメッセージも「現状を変えて欲しい」という有権者の共感を呼び、トランプ支持者を熱狂させる土壌となったのです。

国際の関連記事

「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

2021.8.18

「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 鵜戸 聡
日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.7.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

2021.7.7

K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美
ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

2021.6.30

ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

  • 明治大学 文学部 教授
  • 荒又 美陽
アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.4.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 石山 徳子

新着記事

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2021.09.30

新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

人気記事ランキング

1

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

2

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム