明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

トランプ氏の選挙モデルは日本のネット選挙に応用できるか?

明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授 清原 聖子

2016年のアメリカ大統領選挙では、トランプ氏のツィッターの活用が注目されました。トランプ氏も自ら「ソーシャルメディアが私の選挙を助けた」と語っています。では、トランプ氏はなぜソーシャルメディアを活かすことができたのか、また、日本の選挙でも今後、活かすことができるのか、アメリカ大統領選挙から考えてみましょう。

同じソーシャルメディアでも、使い方に違いがあった

クリントン候補の集会会場に入りきれず、炎天下で3時間待たされて入れたパブリックビューイング会場。(2016年8月1日、ネブラスカ州オマハ)
クリントン候補の集会会場に入りきれず、炎天下で3時間待たされて入れたパブリックビューイング会場。(2016年8月1日、ネブラスカ州オマハ)
 アメリカ大統領選挙にインターネットが活用されるようになったのは、1990年代半ばからです。最初は候補者がホームページを開設し、意見や主張を掲載した本当にシンプルなものでした。転換となったのは2000年の大統領選挙です。各陣営がホームページ上でボランティアを募集したり、選挙献金ができる仕組みを作りました。2008年に立候補したオバマ大統領は、ユーチューブを利用した動画や、iPhone用のアプリを活用するなど、普及したブロードバンドを積極的に活用するようになりました。そして2012年になると、ツィッターも活用するようになります。ツィッターの特徴は、スピーチなどを即座に発信したり、ライバル陣営への反論も素早く行えることです。対立候補の陣営がこんなことを言っている、と見た途端に、こちらもすぐに打ち返す。それを、互いの支持者や有権者はライブ感覚で見て、候補者の動向を知るだけでなく、ある意味、楽しむわけです。こうした傾向がさらに激しくなったのが2016年の大統領選挙でした。

 当選後、CBSのニュース番組のインタビューに「ソーシャルメディアが私の選挙を助けた」と語ったトランプ氏はもちろん、クリントン陣営も外部の支援団体がrapid response teamを作り、ソーシャルメディア対策を行っていました。クリントン陣営の場合、陣営側の情報をニュースとして一気に流すという方法が中心でした。例えば、予備選挙での勝利演説の時に、スピーチ内容をリアルタイムでツィッター上に載せたり、あるいは、クリントン氏のテレビCMを編集して流すなど、動画も多く利用した見栄えの良いもので、クリントン氏をアナウンスするという意味合いの強いものです。しかし、それは上からコントロールされたもので、有権者と対話するより、パーソナルなテレビ局のようなものと言えます。それに対してトランプ氏は、ツィッターをインフォーマル(非公式)なコミュニケーションツールとして活用し、支持者との対話を広げる使い方をしました。そこでは、トランプ氏の暴言ともいえるメッセージも「現状を変えて欲しい」という有権者の共感を呼び、トランプ支持者を熱狂させる土壌となったのです。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.03.25

所有者不明土地の解決策はサブスクリプションにある!?

2020.03.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

2020.03.11

新しい価値を創出するイノベーションを育てるのは、私たち自身

2020.03.04

がんの検査だけじゃない! ヒ素を無毒化する線虫にも注目!

2020.02.26

公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

人気記事ランキング

1

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

2

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

3

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

4

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

5

2020.01.29

美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム