明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

トランプ氏の選挙モデルは日本のネット選挙に応用できるか?

清原 聖子 清原 聖子 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

反トランプだったはずの主要メディアがトランプを生み出した!?

 トランプ陣営は最初からツィッターなどソーシャルメディアをコミュニケーション戦略の中核に位置づけていましたが、それが選挙にプラスに働くのかどうか、予備選挙の段階では疑問視する声もありました。しかし、ソーシャルメディアに頼る必要があったと思います。既存の主要メディアの多くが反トランプだったからです。通常、共和党を支持する保守派のテレビ局であるFOXニュースですら、反トランプでした。主要メディアを味方につけて選挙戦を戦えないトランプ陣営は、ソーシャルメディアを通して支持者たちにメッセージを発信していきます。しかもその内容はインフォーマルなもので、いわば、自分のファンクラブとのコミュニケーションのようなものでした。

 しかし、ここで興味深い現象が起こり始めます。過激で共感を呼ぶトランプ氏のメッセージに主要メディアが関心を寄せたのです。最初は面白おかしく取上げられていたトランプ氏の暴言やサイトの炎上話も、ニュースのトップバリューになっていきました。メディアを味方につけることができず、ツィッターによるファンクラブとのコミュニケーションのようだった内容が、主要メディアに取上げられて多くの有権者に伝わり、話題が膨らむサイクルになっていったのです。日本では想像しがたいことですが、アメリカのニュース番組では、キャスターたちが端末を持っていて、トランプ氏のツィートがあると、別のニュース中でも「いま、トランプ氏がこんなことを言っている」と番組中にどんどん紹介していきます。ツィッターがトランプ氏をメディアに取上げさせ、メディアに取上げられるからトランプ氏はどんどんツィートをする、というスパイラル現象が起きたのです。ついには、予備選挙でトランプ氏が負けたある日、CNNのキャスターは勝ったクルーズ氏についてコメントするのではなく、「今日はトランプ氏がツィートしていません」というコメントをするほどでした。サブメディアであったツィッターを取上げることで、主要メディアがトランプを生み出した、と言えるかもしれません。

国際の関連記事

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

2022.7.20

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

2022.2.25

「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

  • 明治大学 国際連携機構 特任准教授
  • タンシリトンチャイ ウィライラック
西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

2022.2.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 井上 貴恵
旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

2021.12.8

旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

  • 明治大学 法学部 教授
  • 佐藤 智恵

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事