明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

政治学と情報通信政策の両面から世界を見つめて

清原 聖子 清原 聖子 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

“現在進行形”のアメリカ政治を研究する醍醐味

清原聖子准教授 私の専門は、博士論文でまとめたアメリカの通信政策と、その後共同研究として進めてきたインターネット選挙運動(ネット選挙)についてです。大学院生の頃は、アメリカ政治と情報通信分野の研究というそれぞれ別の学問領域の狭間にいる自分が何者であるかを説明するのに苦労しましたね。でも、そういう時期を経て、博士論文を完成させて自分らしい研究テーマを選んだからこそ、いまがあるんです。私が育ったアメリカ政治研究の分野では、歴史研究や外交政策など膨大な数の先行研究があるのですが、その中で自分らしい独創的な研究テーマは何か、ということを常に考えてきました。そこで情報通信政策に携わっていた父の影響もあり、既存のアメリカ政治研究ではあまり行われてこなかった通信政策の研究を進めていくことにしました。
 現代アメリカ政治の中でも情報通信政策の分野は技術革新のテンポが速く、研究も特に「現在進行形」で進んでいます。そのため公開されている資料やデータだけでは足りないので現地で何年も関係者へのインタビューによる手間のかかる調査をせねばならなかったのですが、それがよかったんですよね。そうして一次情報から現実とは何かを肌で捉えられるのは現在進行形の分野を研究する醍醐味のひとつです。

国際の関連記事

「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

2021.8.18

「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 鵜戸 聡
日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.7.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

2021.7.7

K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美
ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

2021.6.30

ヨーロッパに学ぶ日本の「移民問題」

  • 明治大学 文学部 教授
  • 荒又 美陽
アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

2021.4.28

アメリカに、キノコ雲をマスコットにする高校があるのはなぜか?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 石山 徳子

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム