明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

政治学と情報通信政策の両面から世界を見つめて

明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授 清原 聖子

“現在進行形”のアメリカ政治を研究する醍醐味

清原聖子准教授 私の専門は、博士論文でまとめたアメリカの通信政策と、その後共同研究として進めてきたインターネット選挙運動(ネット選挙)についてです。大学院生の頃は、アメリカ政治と情報通信分野の研究というそれぞれ別の学問領域の狭間にいる自分が何者であるかを説明するのに苦労しましたね。でも、そういう時期を経て、博士論文を完成させて自分らしい研究テーマを選んだからこそ、いまがあるんです。私が育ったアメリカ政治研究の分野では、歴史研究や外交政策など膨大な数の先行研究があるのですが、その中で自分らしい独創的な研究テーマは何か、ということを常に考えてきました。そこで情報通信政策に携わっていた父の影響もあり、既存のアメリカ政治研究ではあまり行われてこなかった通信政策の研究を進めていくことにしました。
 現代アメリカ政治の中でも情報通信政策の分野は技術革新のテンポが速く、研究も特に「現在進行形」で進んでいます。そのため公開されている資料やデータだけでは足りないので現地で何年も関係者へのインタビューによる手間のかかる調査をせねばならなかったのですが、それがよかったんですよね。そうして一次情報から現実とは何かを肌で捉えられるのは現在進行形の分野を研究する醍醐味のひとつです。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛
フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.7.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 川竹 英克

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

4

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム