明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

政治学と情報通信政策の両面から世界を見つめて

明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授 清原 聖子

提言は「道具を使い続けることでしか社会は動かないのでは?」

清原聖子准教授 いま、道具という単語を出しましたが、私の本欄での提言もまさにそれに関わる「道具があるなら活用していきましょう」という話なんです。具体的には、私の専門でもあり、2013年7月の参院選で解禁となり話題になったネット選挙にしても「若者を中心にして使える道具が増えたのはよいこと」と捉えるべきだろう、ということですね。
 私のところに取材にいらっしゃるメディアの方々は、参院選を振り返り、ネットで選挙運動ができるようになったのに、残念そうに、(期待ほど)盛りあがらなかったのではないか、と質問されます。投票率の低さを指してそういうのでしょうが、早くからネット選挙が行われてきた米韓と比べると、投票率に関しては2012年の韓国の大統領選がかなり高かったので日本の低投票率が目立つのだろうと思いますが、2012年のアメリカの大統領選と比べればそこまで大幅な差とはいいにくいでしょう。しかも今回の参院選は新政権がはじまって実質的には半年ちょっと、経済政策が一定の評価を得て、政権には大きな影響を与えないだろうという報道もされていた選挙ですよね。政権交代がかかっていた米韓の大統領選と比べるには性質がちがいすぎます。それなのに1回の選挙結果を見て、メディアが簡単に「ネット選挙が盛りあがらなかったのはなぜか?」と問いを立てた影響なのか、割と多くの若者が「期待とちがった」と意気消沈しているようです。卒論でネット選挙をテーマにしようとしている学生をはじめとして、私が授業で接しているみんなの反応からも「がっかり」ムードが伝わってきています。しかし、ようやくネット選挙が解禁となって選挙運動に使える道具が増えたのに、短期的な結果だけをもとに、ネット選挙に期待を寄せた若者が新しく使えるようになった道具のメリットを感じられず、関心をなくしてしまえば、これは大きな問題でしょう。
 私たちはこれまで使えなかった道具を選挙運動に使える環境を手に入れたばかりで、ネット選挙の真価が問われるのはこれからです。道具は、ある程度使い続けて、使う側の技術も鍛えられたあとでなければ真価が発揮されないものです。今後、ほんとうの意味で有権者が大きな決断をする際に、本来なら活用されるに値する道具をうまく利用できないなんて社会にとってはマイナスです。ですから、まずは我々がようやく手に入れた社会を動かす機会に使える道具を使い続けていくこと、すなわち、インターネット選挙運動の経験値を上げていくことが大切だと思います。それには、政党や候補者側だけでなく、有権者自身のメディアリテラシーも鍛えていかなければならないでしょう。

※掲載内容は2013年8月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

2019.10.02

知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

2019.09.25

自治体の予算案に見える、「いま」に応え、「未来」を創る姿勢

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

人気記事ランキング

1

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

5

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム