明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

政治学と情報通信政策の両面から世界を見つめて

明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授 清原 聖子

古典などで学問の土台に触れると、学生は伸びる

 私の研究は聞き取り調査に重きを置いていますから、会って話を聞いた人が増えるほど現実をよく理解できるようになります。普通に見ていると、ある分野と別の分野で聞いたあの話とこの話は、それぞれは閉じているように感じられるかもしれませんが、研究を積み重ねていくと、じつはそれぞれが有機的につながっていることがわかってきて、次の研究へと発展していきます。同じように、大学で教えることを通じて学生に会い、話を聞くことからも研究へのひらめきを得ることがあります。とりわけネット選挙の研究については、学生の関心が高く、授業やゼミでの学生との議論は、ネット選挙に対する若年層の反応を知るうえで大事な場になっていると感じています。
 そもそも、私はこの明治大学の情報コミュニケーション学部という学際的な研究が奨励される場で学生に「情報政策論」などを教える機会をいただいたことに感謝していて、自分らしい研究を学生に伝えることのできる居場所だと感じています。グローバル化と情報化が進む社会にこれから出ていく学生に何を伝えようかと考えるたびに研究の意義が深まり、面白さが広がっていく気もします。新しいもの好きが集まるこの学部の学生たちは、スマホの新しいアプリだとか新しいタブレット端末だとかの情報には総じて敏感ですが、深い研究はちょっと苦手なんですね。そこで1年の基礎ゼミでは新聞の論調比較などを課題に出して、社会にアンテナをはることができるように育てていこうと取り組んできました。
 また、メディアに関心はあり、勉強熱心ではあるけれど何をしたらいいかわからないという学生には、政治学に関する古典に近いような重厚な本を十冊紹介しました。すべて読んだその学生は大きく変わりましたね。アクター(政治的主体)とは何か、政策過程の構造などに興味を持つようになって、私のゼミでは三年生の時にリサーチペーパーを全員書くことになっているのですが、その学生は、学部の学生論文コンテストで佳作を受賞するまでに成長しました。当時は、三年生で受賞することはとてもめずらしいことでした。いま、「当時は」といったのは翌年にまた私のゼミから三年生が同じ賞を受賞したからですが(笑)。情報政策論の授業やゼミを通して私は、新しいもの好きな若者に、骨となるような研究の土台を提示することで、現実を深く見る道具、「ものさし」を与えられたらなと思って教育に携わっています。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

2019.10.02

知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

2019.09.25

自治体の予算案に見える、「いま」に応え、「未来」を創る姿勢

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

人気記事ランキング

1

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム