明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

トランプ氏の選挙モデルは日本のネット選挙に応用できるか?

清原 聖子 清原 聖子 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

日本には、日本にあったネット選挙の在り方がある

 今回、トランプ氏がソーシャルメディアを有効に利用した選挙戦略が、日本でも可能なのかは、疑問です。まず、候補者が有権者の共感を呼ぶキャラクターであることが必要です。そのためには選挙に明確な争点があり、候補者が戦いを挑むアウトサイダーであることも条件となるでしょう。アメリカの政治コンサルタントのカンファレンスでも、今回のトランプ氏の戦略が誰にでも使えるわけではないという指摘が出ています。また、日本では主要メディアによるソーシャルメディアの取上げ方が、アメリカとは大きく異なります。この点でも、ソーシャルメディアが起点となってダイナミックな動きが出ることは、難しいのではないかと思います。

 しかし、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられた2016年の参院選の際、興味深いポータルサイトがありました。そこでは、選挙ニュースが一覧できるサービスを開設していて、その中に、18歳の視点に応える情報に特化したサイトが別枠で作られていたのです。そのサイトは、政党の数が多く、争点があまり明確ではなく、さらに選挙期間も短い日本の選挙では、ネットが有効な情報収集手段になる可能性を示唆していると思います。世代によって異なる視点に応える情報を、新聞やテレビなどのマスメディアから的確に収集するのは非常に難しいからです。日本に合った「ネット選挙」の在り方を形成するのは、こうした活用がきっかけとなるのではないかと注目しています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

2022.7.20

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

2022.2.25

「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

  • 明治大学 国際連携機構 特任准教授
  • タンシリトンチャイ ウィライラック
西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

2022.2.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 井上 貴恵
旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

2021.12.8

旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

  • 明治大学 法学部 教授
  • 佐藤 智恵

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

連載記事