明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

トルコのクーデター失敗は“最良のシナリオ”へと続くのか

明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授  山内 昌之

トルコで7月15日に起きた軍の一部によるクーデターは、失敗に終わりました。一部とはいえ、なぜ軍が大統領に反旗を翻したのか、なぜ市民は反乱を起こした軍に立ち向かったのか、そして、これからエルドアン大統領とトルコはどうなるのか。本学の「国際総合研究所」で、中東・イスラムを研究する山内教授にお話をうかがいました。

民主国家として成熟しているトルコ

山内 昌之 今回のトルコのクーデター未遂問題を考えるには、まず、いまトルコの置かれている状況を考えなくてはいけません。2010年から起こったアラブの春以降、特にリビア、イエメン、シリア、イラクの4ヵ国は内戦や内乱が続き混迷を深めているのに比べ、トルコは中東で最も安全な国でした。もちろん、すべてが順調なわけではありません。国内にはクルド問題を抱えていますし、対外的には、トルコの領空を侵犯したロシア軍機を撃墜したことでロシアとの関係は悪化しました。パレスチナのハマースを支援するトルコ人ボランティアをイスラエル軍が攻撃し10人を死亡させる事件が起き、イスラエルとの関係も険悪になっただけでなく、クーデターのあったエジプトや、内戦の続くシリアとも関係は悪くなっていました。さらに、当初は武器や送金を許していたIS(「イスラム国」)に対しても、欧米からの圧力で敵対の方向に舵を切るなど、トルコの対外関係は脆弱な状況であるといえます。それでも、選挙によって政権交代を行うなど、民主国家として成熟した側面を示すトルコは、中東で最も安定した政治体制の国であることは間違いありません。

 トルコを安定した民主国家にしている理由のひとつは、EUの準加盟国としてヨーロッパとのつながりが深く、長い歴史の中でヨーロッパ的なファクターを抱えてきた点が大きいといえるでしょう。また、イスラム教の国でありながら、宗教から政治や教育を切り離すという「世俗主義」を公言している中東で唯一の国でもあります。こうした点が、トルコを他のイスラム諸国と一線を画すことにつながっていたのです。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

2019.10.02

知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

2019.09.25

自治体の予算案に見える、「いま」に応え、「未来」を創る姿勢

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

人気記事ランキング

1

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム