明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

環境リスクにどう向き合うか ―リスク・デモクラシーの提言―

寺田 良一 寺田 良一 明治大学 文学部 教授

リスク・デモクラシーの実現へ

寺田良一教授 私の社会への提言を一言で言い表すと、「リスク・デモクラシー」という言葉になるだろう。20世紀は、福祉国家にせよ社会主義にせよ「富の分配のデモクラシー」が最も大きな争点だった。それに対して、1986年のチェルノブイリ原発事故を機に、ドイツの社会学者ウルリヒ・ベックは「富」ではく「リスクの生産と分配と定義づけ」が争点となる「リスク社会」の到来という問題提起をした。
 従来リスクは、被害・有害性×確率で定義されていた。この確率論的リスクは、リスクとベネフィットやコストの比較など、より「合理的」な選択に適用されてきた。しかしリスクには環境ホルモンなど、まだ科学的に解明されていない、確率論的な掛け算が成立しない不確実性リスクがある。さらに核や遺伝子組み換え作物など、最終的被害が不明で取り返しがつかない破局的・不可逆性リスクというものもある。いわば(被害)無限大×ゼロ(確率極小ないし不明)のリスクだ。こうしたリスクに、一般市民・生活者の立場に立ってどのように向き合い対応していくかが、大きな研究テーマの一つである。
 誰がリスクを排出(利益享受)して、誰がそれを被っているのか、環境的公正の観点を踏まえた「リスク・ディスクロージャー」や、何がどのような意味でリスクなのかに関する「リスク・リテラシー」の普及拡大を進める必要がある。知識・情報を対等に持った、有効で内実のあるコミュニケーションの実践が「リスク・デモクラシー」の実現には不可欠と考えている。

※掲載内容は2013年9月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

2022.7.20

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

2022.2.25

「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

  • 明治大学 国際連携機構 特任准教授
  • タンシリトンチャイ ウィライラック
西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

2022.2.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 井上 貴恵
旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

2021.12.8

旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

  • 明治大学 法学部 教授
  • 佐藤 智恵

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

連載記事