明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

環境リスクにどう向き合うか ―リスク・デモクラシーの提言―

寺田 良一 寺田 良一 明治大学 文学部 教授

TPPの「ISDS条項」がはらむ危うさ

 TPPも懸念すべき大きなリスクをはらんでいる。TPPは農業・食料問題などを中心とした議論が活発であるが、とりわけ見過ごすことができないのが「ISDS(投資家対国家の紛争解決)条項」である。「ISDS条項」は、国家による市場参入の規制や国内企業の保護が、自由貿易の障壁になるとみなされた場合、外国企業(投資家)が国際仲裁機関へ訴える権利を付与する条項である。つまり、国内規制が自由貿易の障壁として提訴されそれが通ると、規制を撤廃しなければならなくなる。TPPは、グローバルな多国籍企業が自分たちのやりたい経済活動を遂行できるようにするところに、その本質があるといえるだろう。つまり、国内法で規制していくことができない構造を潜在的に秘めているのがTPPなのである。
 たとえば、懸念されていることに遺伝子組み換え作物の輸入がある。TPPのルールに従えば容認せざるを得ない可能性が高い。遺伝子組み換え作物の中で懸念されるものの一つが、害虫を死滅させる生物農薬・BT菌遺伝子を組み込んだジャガイモやトウモロコシ等だ。害虫以外にも絶滅危惧種の蝶なども殺してしまうことが報告されている。
 またアレルギーなど人体への健康被害も危惧される。あるいは遺伝子組み換えによって除草剤耐性を持つ植物も生まれており、交雑、雑草化によって遺伝子撹乱、遺伝子汚染のおそれが指摘されている。これらが危険なのは、通常の毒物と違って自己増殖して環境を改変していくことである。そうした事態に歯止めをかけるのが、これまで蓄積されてきた国内の環境規制や食品安全基準であるが、「ISDS条項」によって無効化されるおそれがある。TPPへの参加は未来の日本に禍根を残すことになりかねない。

国際の関連記事

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

2022.7.20

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

2022.2.25

「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

  • 明治大学 国際連携機構 特任准教授
  • タンシリトンチャイ ウィライラック
西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

2022.2.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 井上 貴恵
旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

2021.12.8

旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

  • 明治大学 法学部 教授
  • 佐藤 智恵

新着記事

2022.09.22

時には立ち止まり、待つことをもっと意識しよう

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2022.09.15

人間力を高めて、魅力あふれる人を目指そう

2022.09.14

現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

2022.09.08

失敗を恐れない、チャレンジ精神を養おう

人気記事ランキング

1

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

連載記事