明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

環境リスクにどう向き合うか ―リスク・デモクラシーの提言―

寺田 良一 寺田 良一 明治大学 文学部 教授

「環境的公正」に問題の核心がある

 東日本大震災に伴う福島第一原発事故は、かねてから「環境リスク」の問題に関わってきた、私たち環境社会学者にとって大きな衝撃だった。特に私たちは「環境的公正」の観点から原発を問題にしてきた。「環境問題は、社会経済的格差や不平等の存在によって生起したり、悪化したり、解決が妨げられることが多い」というのがその基本的な考え方である。原発や核廃棄物の捨て場所が経済的後進地域や先住民地域などに作られることが多いことからも、核の問題は「環境的不公正」の典型と考えられる。
 核の問題のみならず、この「環境的不公正」は国内外の様々なエリアで見られる現象だ。環境リスクや環境負荷は、多くの場合都市から地方へ、先進国から途上国へと、偏って分配される傾向がある。公害企業が環境規制の緩い途上国に移転するケースや、国内でも都市の産業廃棄物が過疎地に廃棄されることも散見される。このように社会経済的格差が環境問題を発生させ、その解決を阻害する例は多く見られるのだ。環境問題の解決には、環境負荷の弱者へのツケ回しともいうべき、こうした「環境的不公正」問題の解決が不可欠といえる。

国際の関連記事

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

2022.7.20

ウクライナ侵攻で考える、ロシアの文化とは?

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

2022.6.15

日本型イノベーションは日本的両利きリーダーから生まれる

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

2022.2.25

「タイ的自由主義」がわかると、日本人もタイ人が好きになる

  • 明治大学 国際連携機構 特任准教授
  • タンシリトンチャイ ウィライラック
西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

2022.2.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 井上 貴恵
旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

2021.12.8

旬のサンマを味わう幸せを将来世代に残すために

  • 明治大学 法学部 教授
  • 佐藤 智恵

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

連載記事