明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

現代就職の問題を斬る ―一元的な価値観にとらわれている学生と企業への提言―

明治大学 法学部 教授 明治大学サービス創新研究所 所長 阪井 和男

演習が企業へのアピールにつながることに気付こう

阪井和男教授 ――さまざまな問題を抱え、2016年卒の学生から就職活動解禁(=企業の採用広報開始)時期が3月へと延びましたが、現代の就職活動の状況を先生はどのようにご覧になっていますか?

私のゼミは、情報社会論をテーマにしており、毎月のようにゼミ学生が東北の被災地で学習支援を行っており、毎年夏には60数名の学生を夏祭り支援に連れていきます。かつては社会といっても彼らにはピンと来ないためか、人気のないゼミでした。そこで学生と一緒に社会に出て行くことにしたのです。彼らは、ゼミでの支援活動だけでなく、SNSを使って仲間と被災地の手伝いに行ったり、現地の人とつながったりしながら、意識しないままに情報社会論的な生き方をしています。
被災地支援を行っている学生は、就職との関係は意識していませんが、私から見るとマネジメント演習をしているように見えます。いろいろなことをやってみて、上手くいかず、チームの中でさまざまな軋轢が発生し、感情的な問題に発展することもあります。そういった意味で、ものすごく良いマネジメント演習をしているのですが、いざ就職活動となると、それを企業に対してアピールできていないようです。私は学生に、普通の就活をするのではなく、自分の入りたい会社の(人事や総務部門ではなく)CSR部門に行って、自分たちの活動をアピールし、協力を仰いでみてはどうかと言っています。そのときの企業の反応を見れば、その会社が本当に良い会社なのか、そうではないのかが明らかになります。企業から選ばれるのではなく、自分で企業を選んだらどうかと言っていますが、それを実践した人間は、まだいませんね。

キャリア・教育の関連記事

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

2019.5.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

  • 明治大学 文学部 特任教授
  • 藤井 剛
「スポーツ共創」の時代

2019.1.30

「スポーツ共創」の時代

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦
18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2019.1.9

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.9.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 廣森 友人

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

人気記事ランキング

1

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

4

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

5

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム