明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

現代就職の問題を斬る ―一元的な価値観にとらわれている学生と企業への提言―

明治大学 法学部 教授 明治大学サービス創新研究所 所長 阪井 和男

自分が所属する社会のイメージに縛られていないか

 ――就職を目指す学生の意識はどうなのでしょうか?

毎年、私は学生に2つ質問をしています。1つ目は「少しでも偏差値の高い大学に入ろうとしたか」、2つ目は「大学を出たからには有名企業のホワイトカラーか公務員になろうと思うか」と聞いています。1つ目の質問に対しては、8〜9割がイエスと答えます。2つ目は、6〜7割がイエスと答えます。それは、明治維新の直後に帝国大学ができて、帝国大学さえ出れば、庶民層から支配層に成り上がるというパスが初めてできた、そのときの意識であり、今も変わっていないのです。学生は、明治維新直後と同じ意識で、大学や世の中、自分の所属する社会のイメージをつくりあげているのです。
そもそも大学を選ぶにあたって、なぜ偏差値という一元的な価値観を簡単に受け入れるのでしょう。また、大学進学率が50%を超えている中で、昔の超エリートの意識をそのまま引きずって有名企業に入ろうとすることもおかしい。さらに、偏差値が成績だとすれば、現在の受験テクニックでは簡単な問題から解いたほうが偏差値は上がるわけです。しかし、最後に一番難しい問題が残ります。この解けなかった問題へのチャレンジなしに、合格できてしまうわけです。いま、企業や社会で起きている課題は複雑であり、そこの課題解決が求められているにもかかわらずにです。いかに偏差値教育が意味のないものかが分かります。
世の中は変化している、多様性が大事と言いながら、大学に対する価値観は偏差値しかないのです。その延長線上で、知名度や給料といった一元的な価値観で会社を見ようとするわけですね。
そういった一元的な価値観で見た会社に対して、今度は、自分を合わせなくてはいけないという発想しかもたない。それよりも、自分はどう働くとハッピーなのかを、もっと自分自身が考えなくてはならないと思います。面接で落ち続けたり、内定を取れなかったりする学生もいます。これは彼らにとって大きなチャンスだと思います。彼らは独自の道を歩まざるを得ませんし、自分の道に気付くことで強くなります。皆と同じように活動して、同じように有名企業に入るということは、ものすごいチャンスをふいにしているように私には思えます。

キャリア・教育の関連記事

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

2019.5.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

  • 明治大学 文学部 特任教授
  • 藤井 剛
「スポーツ共創」の時代

2019.1.30

「スポーツ共創」の時代

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦
18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2019.1.9

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.9.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 廣森 友人

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.05.22

日本の主権者教育は、世界に40年以上遅れている!?

5

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム