明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

ヨーク・ジェームズ ヨーク・ジェームズ 明治大学 政治経済学部 専任講師

人道的ではないゲーミフィケーション

 最近、ゲーミフィケーションという言葉が流行っていると思います。それは、ゲームを有効に使ったビジネスや学習のことと思われていますが、実は、大きな勘違いです。

 ゲーミフィケーションとは、もともと、マーケティング戦略から出たもので、ゲームの要素を応用して、消費者を取り込んだり、コントロールするという発想です。

 例えば、乗った距離に応じてマイレージポイントがつく航空会社のプロモーションなどは典型です。5皿食べるごとにガチャゲームができる回転寿司店などもあります。

 つまり、購入するというクエスト(課題)をクリアすると、なにかしらの報酬が得られる、という仕掛けです。

 この効果を学校で利用しようと、「今日のクエストは問題集を3ページやること。できた子には10XPをあげます」などという言い方をする先生もいます。でも、これは、宿題をクエスト、達成度を表す点をXPに言い換えているだけです。

 あるいは、授業を一週間頑張った子は金曜日の最後の授業でゲームをさせてあげる、というやり方もあります。しかし、これは、ゲームをするということを単にご褒美にしているだけです。

 生徒をこのようにコントロールすることが、本当に有効な教育と言えるでしょうか。

 では、ゲームを有効に使った教育とはどういうものでしょうか。

 まず、着目するべき点は、冒頭に述べたように、いまは、ゲームに関心、興味が高い生徒が多いということです。彼らは親や先生に強制されたわけではなく、自らゲームに集中し、スキルや知識を高めています。

 こうしたスキルや知識を「ゲーミング・キャピタル」と捉える考え方があります。すなわち、ゲームによって蓄えたスキルや知識は、その子の資本になるということです。

 例えば、ピアノのスキルがある人は、それを元手にピアノ講師となり、授業料を稼ぐことができます。ゲームのスキルも、それと同じような資本なのです。

 例えば、人気のゲームのスキルや知識が高ければ、それだけで、友だちの間で一目置かれたり、尊敬を得ることもできます。また、まだスキルが低い子に教えるという立場になると、自信や自己肯定感に繋がるでしょう。

 さらに、同じゲームを世界中で楽しむ今日では、そのゲームのコミュニティが世界規模で存在するのです。そのゲームが得意な子は、日常の友だちや学校のクラスメイトを越えて、世界中のゲーマーと交流することも可能になります。

 こうしたことを可能にする「ゲーミング・キャピタル」を活かした教育を、考えるべきだと思います。

キャリア・教育の関連記事

理解度を高めるのは、説明を聞くよりも、説明をすること

2022.5.13

理解度を高めるのは、説明を聞くよりも、説明をすること

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 伊藤 貴昭
地方公務員の働き方改革は社会改革につながる

2022.4.27

地方公務員の働き方改革は社会改革につながる

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 出雲 明子
都市農業は、日本農業の実情を知るきっかけになる

2022.4.13

都市農業は、日本農業の実情を知るきっかけになる

  • 明治大学 農学部 教授
  • 岩﨑 泰永
文学作品には読者の想像力を喚起する仕掛けがある

2022.1.26

文学作品には読者の想像力を喚起する仕掛けがある

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 能地 克宜
使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 本多 貴之

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事