明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

明治大学 経営学部 教授 中澤 高志

2022年度から、高校で地理が必修化されます。なぜ、いま、高校で地理が必修化されるのか。その意味と意義を考えると、現代社会に生きる私たちの、課題が見えてきます。

「地理」によって空間軸を超え、外に開かれた視点をもつ

中澤 高志 「地理」というと、多くの人が、物産地誌とか地名を覚える暗記物で、あまり面白くない教科というイメージをもっているのではないかと思います。

 確かに、地域の特徴を覚える学習が多く、行ったこともない、行くこともないであろう地域のことを学んで、なんの役に立つのか、という思いでしょう。

 しかし、2022年度から高校で必修化される「地理」は、そうした従来の「地理」とは異なるものになります。まず、教科名が「地理総合」となり、これを学ぶ意義は、「グローバル化する国際社会に主体的に生きる平和で民主的な国家、および社会の優位な形成者を育成するため」とされています。

 これは、ある意味、すべての教科に当てはまるような、大上段のテーマともいえますが、これを噛み砕いて身近な問題として考えると、少し変わってきます。

 例えば、いま、日本に外国人労働者がどんどんやって来ています。私たちの職場や地域でも外国人に出会うことが増えています。

 そのとき、彼らは、なぜ日本に来なければいけなかったのか。彼らの習慣は、なぜ日本人と違うのか。そういったことに興味をもったり、関心をもつことはないでしょうか。

 実は、そういった興味や関心がグローバル化する社会に生きること、つまり多文化共生に繋がっていくのです。なぜなら、無関心からは多文化共生は生まれません。むしろ、排他的になることに繋がっていくからです。

 では、どうすれば、興味や関心が湧くのか。そこに「地理」を学ぶ意義があると思います。「地理」を学ぶことによって、行ったことがないところに対しても、想像力を働かせられるようになるからです。

 例えば、これが「歴史」ならもっとわかりやすいでしょう。現代に生きる私たちは、平安時代や江戸時代の事象に直接触れることはできません。でも、「歴史」を学ぶことで、時間軸を超えた想像力を働かせることができるようになります。同じように、空間軸を超えて考えるのが「地理」なのです。

 空間軸を超えることによって、私たちは外に開かれた視点をもつことができるようになります。すると、日本に来る外国人に対して関心がもてるようになるだけでなく、自分のいまの生き方に対しても、相対的な視点をもつこともできるようになります。

 例えば、いま、東京で、狭い家やマンションで暮らし、見ず知らずのたくさんの人たちの中で、競争を強いられて生きている人は、それが辛いと感じたとしても、生きるとはこういうことだとしか思えないかもしれません。

 でも、地方都市や田舎には、違う生き方があります。暮らしは、その場所と密接に結びついていることが、「地理」を学ぶことによってわかります。

 すると、いまの自分の生き方がすべてではないことがわかってきます。自分の生き方に対して、外に開かれた視線をもつことで、選択肢と可能性が広がるのです。

キャリア・教育の関連記事

「スポーツ共創」の時代

2019.1.30

「スポーツ共創」の時代

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 澤井 和彦
18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2019.1.9

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.9.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

  • 明治大学 国際日本学部 教授
  • 廣森 友人
「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

2018.8.29

「道徳科」導入の現在、その是非を超えて

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 関根 宏朗
スポーツで養うのは従順さ? 主体性?

2018.5.30

スポーツで養うのは従順さ? 主体性?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 高峰 修

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.04.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2019.04.10

AIがビジネスのインフラになる

2019.04.03

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

2019.03.20

外国人労働者受け入れ拡大の成功には教育の力が必要!!

人気記事ランキング

1

2019.04.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2019.04.10

AIがビジネスのインフラになる

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2019.04.03

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム