明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

災害を単純化し過ぎると実態がつかめなくなる

近年、日本各地で大きな自然災害が続いています。そのため、最近は、災害に繋がるような自然現象があると注意を喚起したり、避難を促すための情報システムの整備が進められています。また、日頃から災害への備えや準備を促す報道なども数多く見られるようになりました。

もちろん、それはそれで有効なことですが、一方で、わかりやすさを重視し、災害を単純化するような伝え方が増えているようにも思われます。

災害は原因となった自然現象の種別や、被害に見舞われた土地の来歴や構造によって大きく姿を変えますし、遭遇した人、一人ひとりの生い立ちや経験の違いによって、受け取り方も対処の仕方も違ってきます。

つまり、災害とひとくちに言っても、その現場で経験される出来事は千差万別で、一筋縄ではいかないのです。そのため、防災にはこれをすれば大丈夫、という共通の正解は存在しないと言われています。

ひとつ言えることは、まず、より正確な情報や実際の経験に触れることが重要です。

例えば、自治体は地域の「ハザードマップ」を公表していますし、国土交通省は河川の状況をリアルタイムに知ることができる「川の防災情報」をwebサイトで発信しています。

また、東日本大震災などの大きな災害を経験した人が、その体験談を語る活動を行っています。語る人が若者であったり、高齢者であったり、母親や父親であると、それぞれの目線から、なにが起きてどう対処したのかがわかります。

このような実態に即した話を聞くことはとても有意義だと思います。こうした情報に日頃から触れておき、知識をもっておくと、いざというときの初動に役立ちます。

しかし、あらためて言いますが、災害には、前はこうだったから、今度もこうだろう、ということはありません。

実際に災害に遭ったときは、目の前の状況に対する判断を自らせざるを得ない場面があります。そのための選択肢を増やすという意味で、知識を身につけておくことは有効だということです。

この連載では、災害の現場では実際になにが起こるのか、そして、災害から復興するにはどんな困難があり、被災された方々はそれをどうやって乗り越えようとしてきたのか、私たちは日頃からどんな防災意識をもつことが大切なのか。そうした視点から、あらためて災害を見ていきたいと思います。

次回は、災害の現場で実際にどんなことが起こったのかについて解説します。

#1 自然災害の備えに正解はない!?
#2 どうすれば安全な避難ができるの?
#3 住民主体の防災とは自己責任ということ?
#4 復興とは町を元に戻すこと?
#5 災害に備えて私たちにできることは?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

2020.8.6

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

  • 明治大学 国際日本学部 特任教授
  • 沼田 優子
世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

2020.7.30

世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 瀬戸 義哉
メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

2020.7.27

メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳
#5 私たちにできることとは?

2020.7.17

#5 私たちにできることとは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

2020.7.16

疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 原田 将

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

2020.07.22

人類の危機を救う植物の秘めた力を解き明かす

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

4

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム