明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

クリティカル・シンキングを身につけることが大切

ノーベル経済学賞は、2017年にセイラー教授が受賞する前、2002年にも行動経済学を研究するダニエル・カーネマン教授が受賞しています。このカーネマン教授は、理性によって感情や思いこみの暴走を抑制するための完全な方法はない、と言っています。確かに、人の理性が完璧に機能するのであれば、行動経済学自体が必要ないことになります。それでも、感情をある程度抑える方法はあります。

第一は、やはり、知ることです。自分自身に、非合理的ともいえる消費行動があること。そして、企業にはこうした消費行動を利用するテクニックがあることです。前回述べたような企業のテクニックを知っておけば、理性が働くきっかけになると思います。実は、私が行動経済学の一般向けの講演を行うと、最近は、300人を超える参加者があり、関心の高さを感じます。こうした講演に参加したり、関連の本を読んで自ら学ぶことも重要です。また、仮に、企業のテクニックに引っかかったと思ったときでも、劣等感をもつ必要はありません。人間であれば、だれにでもある心理を突いてくるのですから。これで企業のテクニックをひとつ学習したと思えば良いのです。

第二は、第三者の意見を聞くことです。セールス会場に行くときは、そのセールスに興味のない人に一緒に行ってもらうと、無駄な買物を止めてくれるかもしれません。つまり、自分と感情が異なる人の意見は、自分にとっては理性の声になるのです。

第三は、難しいですが、自分の中に第三者をつくることです。日頃から意識して、自分の行動を俯瞰できるような冷静さを育むことです。それが難しければ、決断までに時間をおくことも有効です。時間が経てば強い感情も薄くなります。翌日になっても欲しいと思えば買う、というルールをつくるのも良い方法です。

このように、ちょっと待って考えてみることをクリティカル・シンキングといいます。自分が思いこみや感情に左右されていないか、きちんと考え、正しく判断することです。このクリティカル・シンキングを育むことは、消費行動だけでなく、賢く生きることの基本になると思います。

次回は、経済政策に行動経済学を活かすことについて解説します。

#1 いま注目の行動経済学って、なに?
#2 行動経済学で賢い消費者になれる?
#3 失敗しない買物テクニックとは?
#4 行動経済学で政策も成功する?
#5 行動経済学で企業経営も成功する?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

頭の中にテーマを置き続け、日常にヒントを得よう

2019.7.18

頭の中にテーマを置き続け、日常にヒントを得よう

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

2019.7.11

生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

2019.7.5

#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦
わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

2019.7.4

わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
#3 自己組織化は経済に応用できる?

2019.7.2

#3 自己組織化は経済に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

3

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム