明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#2 日本では政治目的のフェイクニュースは少ない?

清原 聖子 清原 聖子 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授

「フェイクニュース」は単純な偽情報だけではない

アメリカのトランプ大統領は、自分に敵対する報道を行う主要メディアをフェイクニュース・メディアと名指しで批判しますが、アメリカに比べると、日本では、新聞やテレビなど既存の大手メディアの報道に対して、フェイクニュースと言うことはあまりないのではないでしょうか 。その大きな理由のひとつは、アメリカではメディアの分極化があることが挙げられます。1980年代にフェアネス・ドクトリン(公平・公正な報道)のルールがなくなったことと、もともとこのルールに縛られていなかったケーブルテレビの普及があいまって、大手メディアも政治的に右と左にはっきり分れるようになったのです。そのため、2016年の大統領選挙のときには、トランプ支持者は保守系のFOXNEWSを主な情報源としたのに対しクリントン支持者はリベラル系のCNNを見て、逆にFOXNEWSをほとんど見ませんでした。両サイドとも、自分の好みを主張するニュースしか見ないのです。日本では放送法4条により、放送局は政治的に公平であることが規定されています。新聞には、イデオロギー的特徴や、論調の違いがありますが、アメリカほどメディアの分極化が進んでいるわけではありません。

アメリカの、この場合の「フェイクニュース」は、「事実」が問題ではなくなり、それぞれのサイドで、自分たちが見たいニュースを真実だと思っている、と指摘され、アメリカ社会の分断の深刻さとともに、フェイクニュースの複雑さを表わしています。日本でも、選挙に関する調査をしたときに、自分と政治的な考えが違うニュースに対しては、それはフェイクニュースに見えるという傾向がありました。こうした点を考えると、フェイクニュースの問題は、偽情報の発信者側の意図の問題だけでなく、情報を受取る側の意識を高めることも重要であると言えます。

次回は、フェイクニュースの特徴について解説します。

#1 フェイクニュースって、なに?
#2 日本では政治目的のフェイクニュースは少ない?
#3 フェイクニュースの拡散は防げる?
#4 法によるフェイクニュース対策を望む?
#5 メディアリテラシーって、なに?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

2021.4.8

好きな作家を見つけ、世界を広げる第一歩にしよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

2021.4.1

「面白い!」を原動力に、自分の道を究めよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

2021.3.25

大きな目標に向かって、ストイックに打ち込もう

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
#4 えん罪ってなぜ起こるの?

2021.3.19

#4 えん罪ってなぜ起こるの?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 黒澤 睦
「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

2021.3.18

「虫の目」と「鳥の目」で物事を相対的に捉えよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 飯嶋 曜子

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム