明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#4 法によるフェイクニュース対策を望む?

明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授 清原 聖子

法規制を進める国や、非営利団体のファクトチェックが広がる国もある

フェイクニュース対策は、世界各国で始まっています。ひとつは政府の取組みです。難民への憎悪を煽るフェイクニュースが目立つドイツは、2017年10月にフェイクニュースやヘイトスピーチの速やかな消去を義務づけた法律を施行しました。違反すれば、事業者に最大5000万ユーロ(約66億円)の罰金が科されるといいます。同じくシンガポールも、フェイクニュースがまん延するくらいであれば規制すべきだという世論があり、法による規制の準備を進めています。また、フランスでは2018年1月、マクロン大統領が選挙期間中のフェイクニュース拡散対策として立法化の方針と発言しました。

一方で、ドイツの規制内容はちょっとやりすぎだという声や、そもそも法による規制は表現の自由の規制につながるという意見もあります。また、もともとフェイクニュースは定義が難しく、アメリカでトランプ大統領が自分に敵対する主要メディアをフェイクニュース・メディアと批判したように、法による規制では、政府に都合の悪い情報はフェイクニュースだと規制される可能性が出てくるかもしれません。ただ、アメリカでは、表現の自由を擁護する観点から法による規制の動きはいまのところなく、大学や非営利の研究所などによるファクトチェック(事実確認)が進んでいます。例えば、ペンシルベニア大学アネンバーグ公共センターのプロジェクトとして、常時ファクトチェックをする団体があります。主要なアメリカの政治家が発言した内容について正しいかどうか判定し、結果をオンライン上で公開しています。2016年の大統領選挙のときには、タンパベイ・タイムズの記者たちが立ち上げた団体も、政治家の発言といわれる情報を過去の発言と照合し、その真贋をチェックしていました。こうしたファクトチェックの団体は国際的にも広がる傾向にあります。日本でも、2017年にファクトチェック・イニシアティブという団体が設立されました。10月の総選挙の期間中、この団体はファクトチェック協働プロジェクトを行ったということです。

さて、みなさんは、フェイクニュースに騙されるくらいなら、法による規制を望みますか。第三者機関のファクトチェックを頼りにしますか。それとも別の対策を望むでしょうか。

次回は、私たちができるフェイクニュース対策について解説します。

#1 フェイクニュースって、なに?
#2 日本では政治目的のフェイクニュースは少ない?
#3 フェイクニュースの拡散は防げる?
#4 法によるフェイクニュース対策を望む?
#5 メディアリテラシーって、なに?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#1 交通空白地域って、なに?

2019.4.19

#1 交通空白地域って、なに?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 木村 俊介
人間の内面を磨く習慣を身につけ、成長を図ろう

2019.4.18

人間の内面を磨く習慣を身につけ、成長を図ろう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 櫻井 義尚
聖書の思想を理解して、国際社会で活躍しよう

2019.4.11

聖書の思想を理解して、国際社会で活躍しよう

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 大高 研道
#6 高齢者も働きやすい社会になる?

2019.4.9

#6 高齢者も働きやすい社会になる?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 野田 稔
#5 社会人になっても勉強しなくてはダメ?

2019.4.5

#5 社会人になっても勉強しなくてはダメ?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 野田 稔

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.04.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2019.04.10

AIがビジネスのインフラになる

2019.04.03

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

2019.03.20

外国人労働者受け入れ拡大の成功には教育の力が必要!!

人気記事ランキング

1

2019.04.17

SDGs時代のお墓のあり方とは?

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2019.04.10

AIがビジネスのインフラになる

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2019.04.03

人間らしい暮らしと仕事の創造者「協同組合」

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム