明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#4 法によるフェイクニュース対策を望む?

明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授 清原 聖子

法規制を進める国や、非営利団体のファクトチェックが広がる国もある

フェイクニュース対策は、世界各国で始まっています。ひとつは政府の取組みです。難民への憎悪を煽るフェイクニュースが目立つドイツは、2017年10月にフェイクニュースやヘイトスピーチの速やかな消去を義務づけた法律を施行しました。違反すれば、事業者に最大5000万ユーロ(約66億円)の罰金が科されるといいます。同じくシンガポールも、フェイクニュースがまん延するくらいであれば規制すべきだという世論があり、法による規制の準備を進めています。また、フランスでは2018年1月、マクロン大統領が選挙期間中のフェイクニュース拡散対策として立法化の方針と発言しました。

一方で、ドイツの規制内容はちょっとやりすぎだという声や、そもそも法による規制は表現の自由の規制につながるという意見もあります。また、もともとフェイクニュースは定義が難しく、アメリカでトランプ大統領が自分に敵対する主要メディアをフェイクニュース・メディアと批判したように、法による規制では、政府に都合の悪い情報はフェイクニュースだと規制される可能性が出てくるかもしれません。ただ、アメリカでは、表現の自由を擁護する観点から法による規制の動きはいまのところなく、大学や非営利の研究所などによるファクトチェック(事実確認)が進んでいます。例えば、ペンシルベニア大学アネンバーグ公共センターのプロジェクトとして、常時ファクトチェックをする団体があります。主要なアメリカの政治家が発言した内容について正しいかどうか判定し、結果をオンライン上で公開しています。2016年の大統領選挙のときには、タンパベイ・タイムズの記者たちが立ち上げた団体も、政治家の発言といわれる情報を過去の発言と照合し、その真贋をチェックしていました。こうしたファクトチェックの団体は国際的にも広がる傾向にあります。日本でも、2017年にファクトチェック・イニシアティブという団体が設立されました。10月の総選挙の期間中、この団体はファクトチェック協働プロジェクトを行ったということです。

さて、みなさんは、フェイクニュースに騙されるくらいなら、法による規制を望みますか。第三者機関のファクトチェックを頼りにしますか。それとも別の対策を望むでしょうか。

次回は、私たちができるフェイクニュース対策について解説します。

#1 フェイクニュースって、なに?
#2 日本では政治目的のフェイクニュースは少ない?
#3 フェイクニュースの拡散は防げる?
#4 法によるフェイクニュース対策を望む?
#5 メディアリテラシーって、なに?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

ネット検索に頼りすぎずリアルな情報も活用しよう

2020.2.27

ネット検索に頼りすぎずリアルな情報も活用しよう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 橋本 健二
#4 デジタル課税は私たちに関係ない?

2020.2.21

#4 デジタル課税は私たちに関係ない?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 大野 雅人
クラウドで情報を管理し、発想のヒントを蓄えよう

2020.2.20

クラウドで情報を管理し、発想のヒントを蓄えよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 宮本 真也
#3 デジタル課税は世界統一ルールになる?

2020.2.18

#3 デジタル課税は世界統一ルールになる?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 大野 雅人
#2 なぜ、デジタル課税法はなかなか決まらないの?

2020.2.14

#2 なぜ、デジタル課税法はなかなか決まらないの?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 大野 雅人

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.02.26

公文書の隠蔽や改ざん、忖度。防ぐのは我々のシビリティ

2020.02.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

2020.01.29

美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

人気記事ランキング

1

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

3

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

4

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム