明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#2 「インダストリー4.0」でなにが変わるの?

清水 一之 清水 一之 明治大学 経営学部 教授

多種多様な製品を効率よく安く生産することが可能に

「インダストリー4.0」によって変わるのは、もちろん、製造の過程(プロセス)です。

従来は、製造過程をライン化、まさに線形モデルにすることが最も効率的でした。例えば、自動車工場の組付け工程では、通常、直線状にプラットフォームに載せられた車体に、ワイヤーハーネス、窓ガラス、ダッシュボード、そして椅子等々の部品が組付けられていきます。

これを淀みなく流れ作業することが、マスプロダクション、すなわち大量生産を可能にしてきたのです。

その結果、私たち消費者は、実に多くの工業製品を安く手に入れることができるようになったのです。

ところが、工業製品がある程度行き渡ると、消費者はカスタマイズを求めたり、企業は販促のためや消費者ニーズに合わせて、アップデートを頻繁に行うようになります。

すると、線形モデルではコストがかかったり、生産にタイムラグが生じたり、あるいは、対応しきれなくなることも起こります。

つまり、従来は最も効率的だった線形モデルが、むしろ、非効率な製造モデルになってきたのです。

そこで、市場のニーズを仮想としてのデータとして吸い上げるとともに、そのデータを製造のすべてのステークホルダーが同時に共有し、オートマティックに、必要な現実の物を必要な量だけ必要なときに調達する進化したジャスト・イン・タイムというシステムが必要になってきたのです。

それを実現するのが「インダストリー4.0」のひとつの使命です。

それは、製造モデルの非線形化から可能になります。

例えば、従来はAという製品を作るためのラインでしたが、市場からのデータなどを基に、どこの工程を換えれば、製品Bにも製品Cにもすることができるか把握できれば、組付け可能な工程から歪曲・迂回させ、工程を順序とは異なる方法で進めることができます。

この非線形モデルを可能にすると考えられるのが、サプライチェーン全体との即時ネットワーク化によるデータの同時共有であり、それによって進化したジャスト・イン・タイムのように部品が調達されるシステムなのです。

結果として、私たち消費者は、カスタマイズ製品を安く手に入れられたり、最新の製品が入手しやすくなるような利便性が得られ、企業にとっては在庫のリスクが低減されることになるわけです。

加えて、この方法の延長線上にはすでに販売してしまった製品のプロセスを再生するリバースエンジニアリング(やり直し)をも念頭に置いています。これは、本企画の大きな枠組みとしての国連のSDGsとも関連した具体的な取り組みとして理解されます。

このように見ていくと、「インダストリー4.0」にはメリットがたくさんあるように思えます。

しかし、利便性の面だけにとらわれていると、その陰の面があることに気づきにくくなります。「インダストリー4.0」にも、確かに陰の面はあるのです。

次回は、「インダストリー4.0」の陰の面について解説します。

#1 「インダストリー4.0」とは?
#2 「インダストリー4.0」でなにが変わるの?
#3 「インダストリー4.0」によって疎外される人たちがいる?
#4 「インダストリー4.0」をより良い革命にするには?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.6.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • ヨーク・ジェームズ
地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.6.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

2022.6.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 鈴木 仁里
尊敬できる人を見つけ、人生の指標にしよう

2022.6.2

尊敬できる人を見つけ、人生の指標にしよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 菊池 浩明
ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

2022.5.26

ロールモデルを設定し、自己成長の戦略を立てよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士

新着記事

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

2022.06.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.06.16

知の探索と深化の“両利き”で強みをさらに磨こう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

4

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

5

2022.02.10

西欧でも関心が高まる、私たちが知らなかったイスラム教の魅力

連載記事