明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#2 ワーク・エンゲージメントって何?

明治大学 情報コミュニケーション学部 教授 牛尾 奈緒美

ワーク・エンゲージメントが低いと、メンタルヘルスの悪化を招きやすくなる。

最近、働く人のメンタルヘルスの悪化が問題視されています。うつ病になったり、会社に行くことができなくなったり、最悪の場合、自殺してしまうことも。データで見ると、働く人のメンタルヘルスの悪化は年々増えているのがわかります。そこに、長時間労働は悪というイメージが結びつき、長時間労働だからメンタルヘルスが悪化すると、短絡的に捉えてしまう傾向があります。しかし、労働に関するこれまでの研究によると、労働時間の増加とメンタルヘルスの悪化に直接的な関係があることは、実証されていません。もちろん、労働時間が長く、睡眠時間や休息時間が充分にとれない状態では心身の不調は起きやすくなりますが、では、労働時間を短くすればメンタルヘルスの悪化は起きないかと言えば、決してそうではありません。メンタルヘルスを悪化させる要因は、労働時間よりも「仕事の負荷」なのです。すごく大変な仕事をさせられているとか、仕事が順調にいかない、仕事の終りが見えない、といったことが仕事を重荷と感じさせ、そこに長時間労働などが加わると、心身ともに疲れ果て、動くこともできないような状態になっていくのです。

実は、働く人の心の健康度を示す概念があります。ワーク・エンゲージメントと言い、仕事に対する「活力」、「熱意」、「没頭」の3つが充実している心理状態を指します。つまり、ワーク・エンゲージメントが高い人ほど、仕事に対してやり甲斐を感じ、イキイキとのめり込んでいるというわけです。このワーク・エンゲージメントを世界各国で比較した調査によると、なんと、日本は圧倒的に低いという結果が出たのです。つまり、いやいや仕事をしているような状態といえるでしょう。これでは仕事を重荷に感じ、メンタルヘルスが悪化するのも無理はありません。なぜ、日本人はワーク・エンゲージメントが低いのか、その原因と、それを防ぐ手立てはないのか。それを考えることが、長時間労働是正よりも喫緊の課題ではないかと、私は思います。

次回は、ワーク・エンゲージメントと長時間労働との関係について紹介します。

#1 長時間労働を是正すればすべてが上手くいく?
#2 ワーク・エンゲージメントって何?
#3 ワーク・エンゲージメントが高いのはどんな人?
#4 会社の工夫でワーク・エンゲージメントは高くなる?
#5 仕事時間が短くなったら何をする?#5 仕事時間が短くなったら何をする?
#6 長時間労働是正がダイバーシティの推進を生む?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#4 これからの公共事業はどうなるの?

2018.12.18

#4 これからの公共事業はどうなるの?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 松浦 正浩
#3 公共事業の補償って、お金を払うだけでしょう?

2018.12.14

#3 公共事業の補償って、お金を払うだけでしょう?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 松浦 正浩
自分の限界点をつくらず、夢を追い求めよう

2018.12.13

自分の限界点をつくらず、夢を追い求めよう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 落合 弘樹
#2 市民が公共事業の計画に参画できるの?

2018.12.11

#2 市民が公共事業の計画に参画できるの?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 松浦 正浩
#1 公共事業はどうやって進められるの?

2018.12.7

#1 公共事業はどうやって進められるの?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 松浦 正浩

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

2018.12.05

明治維新には、多くの“西郷どん”たちの必死の努力の集約がある

2018.11.28

パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

2018.11.21

あなたが住む家は、あなたを地震から守ってくれますか

人気記事ランキング

1

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム